Name : Kimio Morimune 

Position: Professor, Graduate School of Economics, Kyoto University

Address: 606-8501 Sakyo, Kyoto, JAPAN

E-mail: morimune at mark econ.kyoto-u.ac.jp

 

授業など(IEで見て下さい !!Excelは特に)

2009年    授業

4月20日 統計学(認知心理学における3囚人問題の解釈を含みます。3囚人問題は不思議な結果でないことがわかります。市川著「考えることの科学」中公新書)Stat_Bayes.pdf

 

雑文

使えなかった扉絵(大内兵衛とガウス)有斐閣 書斎の窓(2009年4月)essay_10

金融危機雑感(2008年12月,日本金融・証券計量・工学学会 会報)essay_9

上海訪問記(2006年9月,京都大学経済学部同窓会・会報9号)essay_8

日本統計学会賞を受賞して(日本統計学会-会報2004.10.20)essay_5

私の研究(2004年9月,京都大学経済学部同窓会・会報7号)essay_3

経済学部に着任して(2003年9月,京都大学経済学部同窓会・会報6号)essay_1

 

「基礎コース 計量経済学」 の全データです。ALL-TABLES

正誤表はCorrection .     解答はsolution.pdf

 

「計量経済学」 

に誤りがあります。修正は

correction.pdf

問題の解答は

一部1-2章solution-1-1.pdf,一部3-4章solution-1-2.pdf. 以下、solution-2.pdf

 

ダービン・ワトソン検定ならびにスペクトル分析関係のプログラムを含むExcelファイルを

読むには、次のファイルをダウンロードして、Excel で開いてください.  (Excel97でセーブ

していますが、Excel95でも読めることは確認済みで す。もし読めなければ連絡してください。)

dw.spectol.xls

同じく、「計量経済学」に使われているデータは

Chap1.xlsChap2.xlsChap3.xlsChap3.tspChap4.xlsChap4.tspChap5.tspChap6.xls

Chap7.xlsChap8.xlsで す。

 

統計学入門−第2版

解答は

2ndCh1&2-Stat.PDF2ndCh3-Stat.PDF2cdCh4-Stat.PDF2ndCh5&6-Stat.PDF2ndCh7&8-Stat.PDF

です。教科書として利用頂いている先生方,連絡下さればPDFファイルを送ります。

5.9,例5.10の追加uniform.pdf

 

略歴

1969年                         京都大学経済学部卒業

1971年                         Stanford 大学留学、同PhD.

1975年10月                   京都大学・経済研究所助教授

1985年10月                   京都大学経済学博士

1986年4月                    同教授

2001年10月                   京都大学・大学院経済学研究科教授

2002年6月                    中国人民大学・客座教授

2006年度                      日本経済学会 会長

2006年4月-2009年3月     大学院経済学研究科長,ならびに経済学部長

2007年7月-2009年6月     日本金融・証券計量・工学学会 (JAFEE) 会長

2008年10月-                  日本学術会議会員(21期)

著書

「経済モデルの推定と検定」   共立出版株式会社、1985年4月。日経経済図書文化賞を受賞

「統計学入門」 新世社、1990年11月

「計量経済学」 東洋経済新報社、1999年8月

「統計学入門-第2版」 新世社、2000年9月

The Nonlinear Models in Econometric Inference, Essays in honor of Takeshi Amemiya, Edited with Cheng Hsiao and James L. Powel ,

pp. 1-445, Cambridge University Press 2001.

「基礎コース:計量経済学」 新世社、2005年3月

S+FinMetrics  ファイナンス計量分析入門」 東洋経済新報社、2008年 334p.

New Liberal Arts Selection  統計学」(共著)有斐閣, pp. 1-485, 2008年12月 有斐閣のサポート頁

受賞

日経経済図書文化賞 1985

Biennial Medal, Modeling and Simulation Society of Australia and New Zealand 1999

Fellow, Modeling and Simulation Society of Australia and New Zealand 1999

日本統計学会賞 2004

学術特別賞 中国数量経済学会 2006年5月

Fellow, Econometric Society, Dec. 2009

 

Recent Publications:

"Simultaneous Equation Estimation: exact and approximate distribution of estimates ", International Encyclopedia of the Social and Behavioral Sciences, Elsevier Science, E-I-C Number 2, Section No 2.2, Article No 116, 2001isb201030.pdf

レンジ及び日中データを使用した為替レートのボラティリティー予測, 現代ファイナンス, 中窪文男, pp.21-47, 2006年3月

裾の厚い分布を持つ長期記憶過程, 日本統計学会誌, 末石直也, p.213-232, 2006年3月

A modified GARCH model with spells of shocks, Asia Pacific Financial Markets, Liu, Qingfeng(12) p.29-44, 2006

Volatility Models, The Japanese Econmic Review, (58) p.1-23, 2007

“実現ボラティリティ”, 現代経済学の潮流 2007, 東洋経済新報社,p.3-32, 2007

“ファイナンス分析における極値分布の利用”, 経済論叢(広島大学),Vol. 31, p.35-45, 2007

Testing homogeneity of data by bootstrapping, Mathematics and Computers in Simulation, with Yuya Hoshino, Elsevier Science, Vol. 78, pp.292-302, 2008

 
 
あなたは2009年4月10日から数えて
 
37376

 人目の訪問者です。

経済学研究科のホームページ<http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/>