京都大学 大学院経済学研究科・経済学部

教員一覧

教授

成生 達彦(なりう たつひこ)教育研究活動データベース

最終学歴
京都大学大学院経済学研究科博士課程 ノースカロライナ州立大学人文・社会科学研究科博士課程修了
担当
講義科目
大学院:組織間関係の経済分析A・B(演習)
主要論文
  • “Marketing Channels and Ratail Store Density in East Asia”, 2005年12月, Asian Economic Journal, Vol.19, No.4, pp.407-422.
  • “Vertical Control of Cournot Wholesalers in Spatial Competition: Exclusive Territories? or Maximum Price Stipulation?”, 2005年7月, Review of Marketing Science, Article 3, pp.1-20.
  • “On the Length of Wholesale Marketing Chanells in Japan”, 2004, Fall, Journal of Japanese Economy, Vol.32, No.3, pp.5-26.
  • “Demand Uncertainty and Resale Price Maintenance”, 2000年10月,Contemporary Economic Policy, Vol.18, No.4, pp.397-403.
  • “Manufacturer Acceptance of Returns”, 1996年12月, Japanese Economic Review, Vol.47,No.4,pp.426-431.
  • “Is Japans Retail Sector Truly Distinctive?”,1996年10月,Journal of Comparative Economics, Vol.23,No.2,pp.181-191.
  • 『流通の経済理論』(名古屋大学出版会 1994年)
  • “Returns Policy in the Japanese Marketing System”, 1989年3月, Journal of Japanese and International Economies, Vol.3, No.1, pp.49-63.
学生にすすめる本
  • 成生達彦『ミクロ経済学入門』有斐閣
  • Williamson,O.E.,浅沼萬里(訳)『市場と組織』日本評論社
  • Lang,S.,松坂和夫・片山孝次(訳)『解析入門』岩波書店
学生に一言
好奇心と集中力。それに加えて体力があれば,有意義な大学生活を送ることができるでしょう。
自己紹介
ミクロ経済学の応用の観点から,流通や経済組織について研究しています。50才になりましたが,自分自身の行動をはじめ,世の中には判らないことが沢山あるように思います。