研究業績

著書

no 著書
no 著書
○ 単著 安田陽: 世界の再生可能エネルギーと電力システム 経済・政策編, インプレスR&D (2019, 2)
[ISBN: 978-4844396826]
 url: https://nextpublishing.jp/book/10459.html
世界の再生可能エネルギーと電力システム 経済・政策編
○ 単著 安田陽: 理工系のための超頑張らないプレゼン入門, オーム社 (2018, 8)
[ISBN: 978-4274507045]
 url: https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274507045/
理工系のための超頑張らないプレゼン入門
○ 単著 安田陽: 世界の再生可能エネルギーと電力システム 電力システム編, インプレスR&D (2018, 5)
[ISBN: 9784844398257]
 url: https://nextpublishing.jp/book/9747.html
世界の再生可能エネルギーと電力システム 電力システム編
○ 単著 安田陽: 送電線は行列のできるガラガラのそば屋さん?, インプレスR&D (2018, 2)
[ISBN: 9784844398165]
 url: https://nextpublishing.jp/book/9514.html
送電線は行列のできるガラガラのそば屋さん?
○ 単著 安田陽: 再生可能エネルギーのメンテナンスとリスクマネジメント, インプレスR&D (2017, 10)
[ISBN: 9784844397984]
 url: https://nextpublishing.jp/book/9233.html
再生可能エネルギーのメンテナンスとリスクマネジメント
○ 単著 安田陽: 世界の再生可能エネルギーと電力システム 風力発電編, インプレスR&D (2017, 3)
[ISBN: 9784844397625]
 https://nextpublishing.jp/book/8528.html
世界の再生可能エネルギーと電力システム 風力発電編
○ 単著 安田陽: 日本の知らない風力発電の実力, オーム社 (2013, 11)
[ISBN: 978-4-274-06950-5]
 http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?&ISBN=978-4-274-06950-5
日本の知らない風力発電の実力, オーム社
○ 共著 環境経済・政策学会 編: 環境経済・政策学事典, 丸善 (2018, 5)(安田・一部執筆分担)
[ISBN: 978-4-621-30292-7]
(第6章「環境問題とエネルギー政策」の一部を分担執筆)
 https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/b295196.html
環境経済・政策学会 編: 環境経済・政策学事典
○ 共著 植田和弘・山家公雄 編: 再生可能エネルギー政策の国際比較, 京都大学学術出版会 (2017, 2)
[ISBN: 978-4814000654]
(第6章「系統連系問題」を分担執筆)
 http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=2154
再生可能エネルギー政策の国際比較
○ 共著 植田和弘 監修, 大島堅一・高橋洋 編著: 地域分散型エネルギーシステム, 日本評論社 (2016, 9)
[ISBN: 978-4-535-55811-3]
(第3章「再生可能エネルギーの普及と政策」および第6章「再生可能エネルギー普及と電力系統の技術的課題」を分担執筆)
 https://www.nippyo.co.jp/shop/book/7242.html
地域分散型エネルギーシステム
○ 共著 水上貴央 監修: 再生可能エネルギー開発・運用にかかわる法規と実務ハンドブック, エヌ・ティー・エス (2016, 3)
[ISBN: 978-4-86043-457-1]
(第1編第3章1「電力自由化に向けた系統連系と運用」および第3編第2章1「系統連系問題の技術的・制度的課題」を分担執筆)
 http://www.nts-book.co.jp/item/detail/summary/hoki/20160330_51.html
再生可能エネルギー開発・運用にかかわる法規と実務ハンドブック
○ 共著 諸富徹 編著: 電力システム改革と再生可能エネルギー, 日本評論社 (2015, 9)
[ISBN: 978-4535558205]
(第2章:「再生可能エネルギー時代の送電網のあり方:ベースロード電源は21世紀にふさわしいか?」を分担執筆)
 http://www.nippyo.co.jp/book/6941.html
電力システム改革と再生可能エネルギー
○ 共著 A. Ametani ed.: Numerical Analysis of Power System Transients and Dynamics, IET (2014)
[ISBN: 978-1-84919-849-3]
(Chapter 9 “Surges on wind power plants and collection systems” を分担執筆)
 http://www.theiet.org/resources/books/pow-en/napstanddbk.cfm
Numerical Analysis of Power System Transients and Dynamics
○ 共著 伊与田功編著: OHM大学テキストシリーズ 電力輸送・発生工学, オーム社 (2013, 11)
[ISBN: 978-4-274-21451-6]
(第2章「電気材料」, 第6章「再生可能エネルギー」, 第8章「架空送電線」, 第9章「変電所・送配電線の異常電圧と対策」, 第10章「ケーブル送電線」, 第11章「変電および変電所」, 第15-1節「新しい電源の課題と将来展望」を分担執筆)
 https://estore.ohmsha.co.jp/titles/978427421451P
OHM大学テキストシリーズ 電力輸送・発生工学
○ 共著 M. Muyeen ed.: Wind Energy Conversion Systems, Springer (2012)
[ISBN: 978-1-4471-2200-5]
(Chapter 11 “Lightning Surge Analysis of a Wind Farm” を分担執筆)
 http://link.springer.com/book/10.1007%2F978-1-4471-2201-2
Wind Energy Conversion System
○ 共著 I. Al-Bahadly ed.: Wind Turbines, InTech (2011, 4)
[ISBN 978-953-307-221-0]
(Chapter 22 “Electromagnetic Calculation of a Wind Turbine Earthing System” を分担執筆)
 http://www.intechopen.com/books/wind-turbines
Electromagnetic Calculation of a Wind Turbine Earthing System
 

○ 報告書等 (一部執筆分担)

no 報告書等
no 報告書等
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 風力発電システムの雷リスクマネジメント技術調査専門委員会: 風力発電システムの雷リスクマネジメントの現状と今後のあるべき姿, 電気学会技術報告 1422 (2018, 2)
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 分散電源連系配電系統における雷サージ調査専門委員会: 再生可能エネルギーなどの分散電源と連系した配電線で発生する雷サージ, 電気学会技術報告 1401 (2017, 8)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1401-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 環境エネルギー政策研究所: 自然エネルギー白書2015 (2015, 12)  http://www.isep.or.jp/jsr2015
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会低圧配電システム雷害対策調査専門委員会: 低圧配電システムにおける雷害対策, 電気学会技術報告 1354 (2015, 12)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1354-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 接地システムの雷サージ・EMCへの影響評価調査専門委員会: 接地システムの雷サージ・EMCへの影響評価, 電気学会技術報告1343 (2015, 6)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1343-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 雷性性状を考慮した風力発電設備の耐雷技術調査専門委員会: 雷性性状を考慮した風力発電設備の耐雷技術, 電気学会技術報告1335 (2015, 2)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1335-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) CIGRE (International Council on Large Electric Systems) WG C4.409: Lightning Protection of Wind Turbine Blades, CIGRE Technical Brochure Vol.578 (2014, 6)
 https://e-cigre.org/publication/578-lightning-protection-of-wind-turbine-blades
○ 報告書等 (一部執筆分担) IEA WIND Task 25: Design and operation of power systems with large amounts of wind power, Final summary report, Phase Two 2009-2011 (2013, 1)
 http://www.ieawind.org/task_25/PDF/HomePagePDF's/T75.pdf
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 雷害対策のための風力発電設備接地技術調査専門委員会: 雷害対策のための風力発電接地システム, 電気学会技術報告1270 (2012, 12)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1270-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 風力発電技術の現状と将来動向調査専門委員会調査専門委員会: 風力発電技術の現状と将来動向, 電気学会技術報告1256 (2012, 8)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1256-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 非有効接地系統およびUHV系統の絶縁協調技術協同研究委員会: 非有効接地系統およびUHV系統の試験電圧の考え方 -JEC-0102-2010技術解説―, 電気学会技術報告1258 (2012, 8)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1258-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 発変電設備の低圧・制御回路における絶縁強調・EMC調査専門委員会: 発変電設備の低圧・制御回路における絶縁強調・EMC技術, 電気学会技術報告1234 (2011, 9)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1234-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 過渡数値電磁界解析手法の応用調査専門委員会: FDTD法を中心とした数値電磁界解析手法によるサージ解析の最新動向, 電気学会技術報告1216 (2011, 3)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1216-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 低圧配電システム雷害対策調査専門委員会: 低圧配電システムに発生する雷過電圧, 電気学会技術報告1193 (2010, 6)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1193-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 配電線雷被害メカニズム調査専門委員会: 配電線雷被害メカニズムの解明と被害率予測手法の高度化, 電気学会技術報告1172 (2009, 11)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1172-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 風力発電設備の雷害様相調査専門委員会: 風力発電設備の雷害様相ならびに対策の現状, 電気学会技術報告1126 (2008, 8)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1126-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 低圧・制御回路のサージ現象調査専門委員会: 低圧・制御回路のサージ現象, 電気学会技術報告1115 (2008, 5)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1115-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 新電力機器を含む電力系統の過渡現象解析手法調査専門委員会: 新電力機器を含む電力系統の過渡現象とその解析手法, 電気学会技術報告1027 (2005, 7)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH1027-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 配電線雷被害率予測手法調査専門委員会: 配電線雷スパークオーバ発生率予測手法の現状と今後の課題, 電気学会技術報告937 (2003, 8)
 http://www.bookpark.ne.jp/cm/ieej/detail.asp?content_id=IEEJ-GH937-PDF
○ 報告書等 (一部執筆分担) 電気学会 搬送用リニアメカニズム調査専門委員会: 搬送用リニアメカニズムの実用化動向と将来展望, 電気学会技術報告657 (1997, 10)

翻訳書

no 翻訳書
no 翻訳書
○ 出版物 スティーブン・バラガー, エドワードカザレット著: トランザクティブエナジー, エネルギーフォーラム (2018, 2)【監訳】
[ISBN: 978-4885554902]
 http://www.energy-forum.co.jp/eccube/html/products/detail.php?product_id=383
トランザクティブエナジー
○ 出版物 T. アッカーマン編著, 日本風力エネルギー学会訳: 風力発電導入のための電力系統工学, オーム社 (2013, 11) 【共訳, 翻訳代表者】
[ISBN: 978-4-274-21476-9]
 http://shop.ohmsha.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000526&search=978-4-274-21476-9
日本風力エネルギー学会訳: 風力発電導入のための電力系統工学
○ 出版物 J. トワイデル, G. ガウディオージ編著, 日本風力エネルギー学会 訳: 洋上風力発電, 鹿島出版会 (2011, 11)【共訳】
[ISBN: 978-4306024359]
 http://www.amazon.co.jp/dp/4306024350
日本風力エネルギー学会 訳: 洋上風力発電, 鹿島出版会
○ 出版物 国際太陽エネルギー学会著, 日本太陽エネルギー学会風力エネルギー部会訳: 風力エネルギーポケットブック, 日本太陽エネルギー学会 (2011, 3)【共訳】
○ 報告書等 国際再生可能エネルギー機関 (IRENA): 再生可能な未来のための計画 〜変動性再生可能エネルギー(VRE)発電を拡大するための長期モデル分析とツール, 環境省 (2018, 5)
 http://www.env.go.jp/earth/report/h30-01/ref01.pdf
○ 報告書等 F. ファン・ヒューレ他著, 安田訳: 風力発電の市場統合と系統連系 ~風力発電の大規模系統連系のための欧州電力市場の発展, TradeWind 最終報告書, 日本電機工業会 (2013, 12).
 http://jema-net.or.jp/Japanese/res/wind/shiryo.html
○ 報告書等 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第三部会著, 環境省訳: 再生可能エネルギー源と気候変動緩和に関する特別報告書, 環境省 (2013, 9)【共訳】
 http://www.env.go.jp/earth/ipcc/special_reports/srren/
○ 報告書等 欧州風力エネルギー協会著, 日本風力エネルギー学会訳: 風力発電の系統連系 ~欧州の最前線~, 日本風力エネルギー学会 (2012, 2). 【共訳,翻訳代表者】
[ISBN: 978-4-906826-00-1]
 http://www.jwea.or.jp/publication/PoweringEuropeJP.pdf    
○ 報告書等 H. ホルティネン他著, 近藤・安田訳: 風力発電が大量に導入された電力系統の設計と運用, 国際エネルギー機関 風力実施協定第25分科会 (IEA Wind Task25) 第1期最終報告書, 日本電機工業会, 2012.1【共訳】
 http://jema-net.or.jp/Japanese/res/wind/shiryo.html
○ 報告書等 P. シュワベ他著, 金森, 木村, 丸山, 安田訳: 風力発電の財務コストに関する各国の事例研究, IEA Wind Task26 ワークパッケージ1 最終報告書, 日本電機工業会 (2012, 1)【共訳】
 http://jema-net.or.jp/Japanese/res/wind/shiryo.html
○ 動画字幕 Energinet.dk制作, ニールセン北川朋子訳, 安田監訳: デンマークのスマートグリッド (2011)
 https://www.youtube.com/watch?v=L6oGK_1tZsw&feature=youtu.be
デンマークのスマートグリッド

学術論文(査読あり)

no 学術論文
no 学術論文
学術論文 L. Bird (NREL), D. Liew (GE Energy), M. Milligan (NREL), E. M. Carlini (Terna), A. Estanqueiro (LENG), D. Flynn (Univ. College of Dublin), E. Gomez-Lazaro (Uni. de Castilla-La Mancha), H. Holttinen (VTT), N. Menemenlis (Hydro Quebec), A. Orths (Energinet.dk), P. B. Eriksen (Energinet.dk), J. C. Smith (UVIG), L. Söder (KTH), P. Sørensen (DTU), A. Altiparmakis (DTU), Y. Yasuda, J. Miller (NREL): “Wind and solar energy curtailment: A review of international experience”, Renewable and Sustainable Energy Reviews, Vol.65, pp.577–586 (2016, 11)
 http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1364032116303161
学術論文 Y. Yasuda, S. Yokoyama (CRIEPI), M. Minowa (Aichi Institute of Technology), T. Satoh (Tohoku Elec. Power Co.): Classification of Lightning Damage to Wind Turbine Blades, IEEJ Trans. on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 7, No. 6 pp.559-566 (2012, 11)  http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/tee.21773/abstract
学術論文 藤井利昭(関西大学), 安田陽, 植田俊明(中部電力): 風力発電における環状・深打ち併用接地システムの電磁界解析, 電気学会論文誌B, Vol.130, No.3, pp.365-372 (2010, 3)
学術論文 藤井利昭(関西大学), 安田陽, 植田俊明(中部電力): 風力発電における環状接地電極の電磁界解析, 電気学会論文誌B, Vol.129, No.8, pp.1047-1055 (2009, 8).
学術論文 岡本宏(湘南工大), 関岡昇三(湘南工大), 海老名康光(湘南工大), 山本和男(神戸高専), 安田陽, 舟橋俊久(明電舎), 横山茂(電中研): 風力発電システム落雷時の逆流雷および大地電位上昇による配電用避雷器の処理エネルギー, 電気学会論文誌B, Vol.129, No.5, pp.668-674 (2009, 5).     
学術論文 Y. Yasuda, N. Uno (Kansai Univ.), H. Kobayashi (Kansai Univ.), T. Funabashi (Meidensha Corporation): Surge Analysis on Wind Farm at Winter Lightning Strike, IEEE Transactions on Energy Conversion, Vol.23, No.1, pp.257-251 (2008, 3).
学術論文 高橋俊行(関西大学), 安田陽, 大本親吾(マザーズ), 原武久(関西大学): 都市部における小型風力発電に適したラジアル型コアレス発電機の提案と試作, 電気学会論文誌B, 127-B, 4, pp.589-595 (2007, 4).
学術論文 高橋俊行(関西大学), 安田陽, 大本親吾(マザーズ): コアレス型同期発電機を利用した実用的自転車発電機の提案と試作, 太陽エネルギー, Vol.33, 2, pp.45-51 (2007, 3).
学術論文 Y. Yasuda: A New Lightning Protection System for Wind Turbines Using Two Ring-Shaped Electrodes, IEEJ Transaction on electrical and Electronic Engineering, Vol.1, No.3, pp.314-319 (2006, 9).
学術論文 安田陽, 舟橋俊久(明電舎), 原武久(関西大学): ウィンドファームの雷サージ伝搬解析, 電気学会論文誌B, 125-B, 7, pp.709-716 (2005, 7).
学術論文 池田敬一(関西電力), 古岡芳弘(関西電力), 安田陽, 原武久(関西大学): 土中放電現象を考慮した接地抵抗モデルによる送電線雷事故様相の再現検討, 電気学会論文誌B, 124-B, 3, pp.462-468 (2004, 3).
学術論文 安田陽, 近藤修平(関西大学), 原武久(関西大学), 池田敬一(関西電力), 園井康夫(関西電力), 古岡芳弘(関西電力): 接地抵抗の土中放電特性の観測と動特性接地モデルを用いた解析, 電気学会論文誌B, 123-B, 6, pp.718-724 (2003, 6).
学術論文 安田陽, 原武久(関西大学), 浦野幸治(住友電工), 陳敏(住友電工): 離散ウェーヴレット変換を用いた電力ケーブル線路における部分放電の自動検出法, 電気学会論文誌B, 123-B, 4, pp.506-512 (2003, 4).     
学術論文 安田陽, 近藤修平(関西大学), 原武久(関西大学), 池田敬一(関西電力), 園井康夫(関西電力), 古岡芳弘(関西電力): 動特性を有する接地モデルを用いた500kV送電線の雷サージ解析, 電気学会論文誌B, 123-B, 2, pp.245-251 (2003, 2).     
学術論文 安田陽, 原武久(関西大学), 池田敬一(関西電力), 園井康夫(関西電力), 川端欣哉(関西電力), 福園秀伸(関西テック), 関岡昇三(関西テック): 衝撃大電流領域における鉄塔塔脚接地抵抗の動特性, 電気学会論文誌B, 122-B, 7, pp.863-869 (2002, 7).     
学術論文 Y. Yasuda, Y. Hirakawa (Kansai Univ.), K. Shiraishi (Kansai Univ.), T. Hara (Kansai Univ.): Sensitivity Analysis on Grounding Models for 500kV Transmission Lines, 電気学会論文誌B, 121-B, 10, pp.1386-1393 (2001, 10).     
学術論文 原武久(関西大学), 安田陽, 平川(関西大学), 竹内(関西電力), 川端(関西電力), 福園(関西テック), 関岡昇三(関西テック): 非線形接地モデルによる鉄塔雷撃時多相フラッシオーバ解析,電気学会論文誌B ,120-B, 2, pp.234-241 (2000, 2).
学術論文 Y. Yasuda, Y. Hirakawa (Kansai Univ.), T. Hara N. Hayanose (Kobe City College of Tech.), K. Nomura(Kansai Elec. Power Co.) and K. Kawabata(Kansai Elec. Power Co.): Flashover Analyses of 500kV Transmission Towers with Capacitive Grounding Resistance, 電気学会論文誌B, 120-B, 1, pp.56-62 (2000, 1).
学術論文 安田陽, 原武久(関西大学), 弘津(住友電工), 陳(住友電工), 礒嶋(住友電工): 電力ケーブル内部分放電自動検出のためのアナログ・ニューラルネットワーク回路の試作, 電気学会論文誌B, 178-B, 10, pp.1271-1276 (1998, 10).
学術論文 竹内真(関西電力), 足立幹雄(関西電力), 安田陽, 原武久(関西大学), 福園秀伸(関西テック), 関岡昇三(関西テック): 500kV送電鉄塔基礎の衝撃大電流領域接地抵抗特性, 電気学会論文誌B, 118-B, 4, pp.373-380 (1998, 4). 21. Y. Yasuda and K. Hoh (Yokohama Nat. Univ.): A Unified First Return Map Model for Various Types of Chaos Observer in the Thyristor, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E78-A, No.5, pp.550-552 (1995).
学術論文 安田陽, 鳳紘一郎(横浜国立大学): Siサイリスタにおける交替周期カオス, 電子情報通信学会論文誌A, Vol.J77-A, No.4, pp.654-661 (1994).
学術論文 Y. Yasuda and K. Hoh (Yokohama Nat. Univ.): Electronic Chaos in Silicon Thyristor, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.33, No.1B, pp.594-598 (1994).
学術論文 Y. Yasuda and K. Hoh (Yokohama Nat. Univ.): Intermittent Chaos in the Thyristor, IEICE Transaction on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol.E-76A, No.7, pp.1126-1128 (1993).
学術論文 K. Hoh (Yokohama Nat. Univ.) and Y. Yasuda: Solid-Phase Epitaxial Crystallization of Silicon on SiO2 by the Contact of seed Crystal, DENKI KAGAKU, Vol.59, No.12, pp.1079-1081 (1991).

解説論文・紀要等

no 解説論文・紀要等
no 解説論文・紀要等
2018年 安田陽: 再生可能エネルギーがもたらす便益とは, 岩波書店『科学』, Vol.88, No.10, pp.992-996 (2018, 10)
http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_energy/yasuda/main/yasuda2018kagaku.pdf
2018年 安田陽: データとエビデンスでみる、世界と日本の再生可能エネルギー, 日本電機工業会機関紙『電機』, 2018年10月号, pp.8-9 (2018, 10)
2018年 安田陽: 送電線空容量問題の本質を探る ––問題は、技術論ではなく制度設計––, 日本風力発電協会誌, 第14号, pp.75-84 (2017, 9)
2018年 安田陽: 世界はなぜ再生可能エネルギーを進めるのか/日本はなぜ再生可能エネルギーに後ろ向きなのか, 世界別冊『再エネ革命––日本は変われるか?』 (2018, 4)
2018年 安田陽: 欧州で進む送電インフラ投資 その理由を探る, 環境会議, 2018年春号, pp.104-109 (2018, 3)
2017年 安田陽: 系統連系問題とその対策 〜何が「障壁」となっており、どのようにそれを取り除くか〜, 風力エネルギー, Vol.41, No.3, pp.522-527 (2017, 11)
2017年 安田陽: 「エネルギーの地産地消」は本当によいことなのか?, 都市問題, Vol.108, No.11, pp.10-15 (2017, 11)
2016年 安田陽: 風力発電のおかげで送電インフラ投資が進む 〜EUの研究開発プロジェクトの動向調査〜, 日本風力発電協会誌, 第12号, pp.120-127 (2016, 9)
http://jwpa.jp/2016_pdf/90-51mado.pdf
2016年 安田陽: 風力発電設備の系統連系問題, ターボ機械, Vol.44, No.5, pp.277-286 (2016, 5)
2016年 安田陽: リスクマネジメントから考える風力発電の雷対策, 平成28年電気学会全国大会シンポジウム「風力発電システムの雷リスクマネジメント」, S7-7 (2016, 3)
2015年 安田陽: 風力発電大量導入を実現する電力システムとは, 太陽エネルギー, Vol.41, No.4, pp.25-32 (2015, 11).
2015年 安田陽: 再エネの技術的問題は克服可能 ~メディアも含め情報鎖国の日本, Journalism, 2015年11月号, pp.122-129 (2015, 11)
2015年 安田陽: 欧州の風力発電最前線 ー第7回 将来のスーパーグリッドを支える風力発電ー, SmartGridニューズレター, Vol.4, No.9,pp.28-33 (2015, 9)  http://sgforum.impress.co.jp/article/1805
2015年 安田陽: 欧州の風力発電最前線 ー第6回 日本のスマートグリッドがガラパゴス技術にならないためにー, SmartGridニューズレター, Vol.4, No.8,pp.24-30 (2015, 8)  http://sgforum.impress.co.jp/article/1682
2015年 安田陽: 再生可能エネルギー大量導入を可能とする系統柔軟性 ~風力発電が電力系統に提供できるアンシラリーサービス~, 火力原子力発電協会誌, Vol.66, No.8, pp.439-449 (2015, 8)
2015年 安田陽: 進化する欧州の電力系統 ~再生可能エネルギー大量導入時代の幕開け~, 風力エネルギー, Vol.39, No.2, pp.150-155 (2015, 8)  https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwea/39/2/39_150/_pdf
2015年 安田陽: 風力発電の雷害対策の最新動向, 風力発電協会誌, 第11号, pp.33-38 (2015, 8)  http://jwpa.jp/2015_pdf/88-35tokushu.pdf
2015年 安田陽: 欧州の風力発電最前線 ー第5回 もしかして日本の蓄電池開発はガラパゴス?(後編)ー, SmartGridニューズレター, Vol.4, No.7,pp.22-27 (2015, 7)  http://sgforum.impress.co.jp/article/1632
2015年 安田陽: 欧州の風力発電最前線 ー第4回 もしかして日本の蓄電池開発はガラパゴス?(前編)ー, SmartGridニューズレター, Vol.4, No.6,pp.20-25 (2015, 6)  http://sgforum.impress.co.jp/article/1586
2015年 安田陽: 世界の常識としての再生可能エネルギー, 世界, 2015年5月号, pp.139-147 (2015, 5)
2015年 安田陽: 再生可能エネルギーにおける雷害対策, 平成27年電気学会全国大会シンポジウム「最新の雷観測技術と雷害対策~これからの社会インフラのための雷リスクマネジメントに向けて~」, S9-11 (2015, 3)
2014年 安田陽: 再エネ接続保留問題は何が問題なのか?, 岩波書店「科学」, Vol.84, No.12, pp.1191-1195 (2014, 11).
2014年 安田陽: 風力発電大量導入への道 風力発電のメンテナンス軽視は事業リスクを招く, 環境ビジネス 2014年夏号, pp.126-127 (2014, 7)
2014年 安田陽: 風力発電設備の雷被害様相とその対策, OHM 2014年6月号, pp.26-31 (2014, 6)
2013年 安田陽: 欧州のオフショアグリッド構想 ~電力系統は海を目指す~, 風力エネルギー, Vol.37, No.3, pp.300-305 (2013, 11)  https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwea/37/3/37_300/_pdf
2013年 安田陽: 風力発電の系統連系問題 ~日本の電力系統には本当に風力発電が入る余地はないのか?, 岩波書店「科学」, Vol.83, No.9, pp.987-996 (2013, 9)
2013年 安田陽: 風力発電系統連系研究の系譜, 日本風力発電協会誌 JWPA 第9号, pp.33-40 (2013, 8)  http://jwpa.jp/2013_pdf/88-29tokushu.pdf
2013年 安田陽: 風力発電の導入率と各国政策の比較研究, 風力エネルギー, Vol.37, No.1, pp.70-75 (2013, 5)  https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwea/37/2/37_70/_pdf
2013年 安田陽: 新発電システムの耐雷設計への適用, 平成25電気学会全国大会シンポジウム「各種観測手法による雷パラメータとその工学的適用」(2013, 3)
2011年以前 安田陽: 世界からみた我が国の風力発電の系統連系問題, 風力エネルギー, Vol.35, No.2, pp.12-18 (2011, 8).  https://www.jstage.jst.go.jp/article/jwea/35/2/35_13/_pdf
2011年以前 山本(神戸高専), 安田陽: FDTD法を用いた風力・太陽光発電設備,ビルおよび電波塔のサージ解析, 平成22年電気学会全国大会シンポジウム (2010, 3).
2011年以前 安田陽: 風力発電所の接地, 平成19年電気学会全国大会シンポジウム, 7-S8-6 (2007, 3).
2011年以前 安田陽: 自然エネルギーと系統連系問題, 関西大学先端科学技術推進機構「技苑」, 123号 (2006, 10).
2011年以前 安田陽,舟橋(明電舎): 風力発電設備における電力貯蔵装置の検討, 明電時報, 2006年7・8月号, No.309, pp.66-70 (2006,8).
2011年以前 安田陽: 小型垂直軸風車による都市型風力発電, 日本建築協会「建築と社会」, vol.87, No.1011 pp.14-15 (2006, 6).
2011年以前 安田陽: 風力発電機の開発動向, 日本応用磁気学会第147回研究会, pp.25-32 (2006, 3).
2011年以前 安田陽, 高橋(関西大学), 大本慎吾(マザーズ), 清水輝夫(エースポイントシステムズ): 小型垂直軸風車を用いた都市型風力発電システムの開発, 月刊エコインダストリー2005年11月号, pp.11-19 (2005, 10).
2011年以前 安田陽: 急成長する風力発電技術 ~風力発電の現状と課題~, 関西大学ITセンターフォーラム, No.19, pp.53-64 (2005, 7).
2011年以前 安田陽: 風力発電設備の雷事故と雷対策, 平成17年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, S65 (2005, 11).
2011年以前 安田陽, 原武久(関西大学), 舟橋俊明(明電舎): ARENEを用いたウィンドファームのサージ解析, EMTP Journal, 8, pp.27-31 (2003, 3).
2011年以前 安田陽: 風力発電の開発動向 ー日本と海外の現状ー, 関西大学工学会誌「技苑」, 12, 3, pp.49-54 (2001,3).
2011年以前 Y. Yasuda and T. Hara: An Analog Implementation of a Neural Network for Auto-detection of Partial Discharges in Power Cables, Technology Reports of Kansai University, No.41, pp.59-68 (1999.3).
2011年以前 原武久(関西大学), 安田陽, 長江(関西大学), 米津(関西大学): 遺伝的アルゴリズムとgradient法を組み合わせた直流ポテンシャル法非破壊探傷問題, 関西大学工学会誌「工学と技術」, 11, 4, pp15-21 (1998,11).
2011年以前 原武久(関西大学), 安田陽: 接地電極の衝撃大電流特性, 関西大学工業技術研究所「技苑」, 92, pp.22-26 (1997,9).

国際会議

no 国際会議
no 国際会議
2018年 Y. Yasuda and H. Hamasaki (Fujitsu Research Institute): Investment Analysis on Transmission Lines using TIMES-JMRT Grid Model under a Scenario with large amount of Renewable, 17th Wind Integration Workshop, WIW18-149 (2018, 11, Stochholm)
2018年 Y. Yasuda and H. Hamasaki (Fujitsu Research Institute): “Grid-investment and Economic Model under 2050 Long-term Energy Scenario regarding with Large Amount of Wind Power”, Grand RE2018 (2018, 6, Yokohama)
2017年 T. Fujii (Otowa Electric Co. Ltd.), T. Kudoh (Otowa Electric Co. Ltd.), Y. Shimizu (Otowa Electric Co. Ltd.), Y. Abe, K. Ohtsuki (Otowa Electric Co. Ltd.), Y. Yasuda: “Lightning Protection for Large-Scale Offshore Wind Power Plant using Independent Lightning Tower – Impulse Test simulating moving Thundercloud –”, International Conference on Lightning Static & Electricity, International Conference on Lightning & Static Electricity (ICOLSE2017), 3C1-3 (2017, 9, Nagoya)
2017年 Y. Yasuda: Recent Trends of Japanese Regulations and Standards on Lightning Protection for Wind Turbines, The 10th Asia-Pacific International Conference on Lightning (APL2017), PID154 (2017, 5, Krabi, Thailand)
2016年 Y. Yasuda: Does variable renewable energy promote grid expansion?, 15th Wind Integration Workshop, WIW16-91 (2016, 11, Vienna)
2016年 T. Fujii (Otowa Electric Co. Ltd.), T. Kudoh (Otowa Electric Co. Ltd.), Y. Shimizu (Otowa Electric Co. Ltd.), Y. Abe, K. Ohtsuki (Otowa Electric Co. Ltd.), Y. Yasuda: Experimental Study with downsized Models for Lightning Protection of Large-scale Offshore Wind Power Plants, International Workshop on High Voltage Engineering (IWHV2016), ED-16-124, SP-16-053, HV-16-109 (2016, 11, Miyazaki)
2016年 Y. Yasuda: Lightning Protection of Wind Turbine regarding with Risk Management, 33rd International Conference on Lightning Protection (ICLP2016), pp.1-6 (2016, 9, Esorill, Portugal)
2016年 Y. Yasuda: Lightning Protection of Wind Turbine based on Risk Management, The Incternational Congerence on Electrical Engineering (ICEE2016) on CD-ROM, (2016, 7, Okinawa)
2015年 Y. Yasuda, L. Bird (NREL), E. M. Carlini (Terna), A. Estanqueiro (LENG), D. Flynn (Univ. College Dublin), A. Forcione (IREQ), Emilio Gómez Lázaro (Uni. de Castilla-La Mancha), P. Higgins (Queen’s University Belfast), H. Holttinen (VTT), D. Lew (GE Energy Management), S. Martin-Martinez (Uni. de Castilla-La Mancha), J. McCam (SEAI), N. Menemenlis (Hydro Québec), J. C. Smith (UVIG): International Comparison of Wind and Solar Curtailment Ratio, 15th Wind Integration Workshop, WIW15-111 (2015, 10, Brussels)
2014年 Y. Yasuda, N. Cutululis (DTU), A. Estanqueiro (LNEG), E. Gómez Lázaro (University of Castilla-La Mancha), J. Kondoh (Tokyo University of Science), H. Holttinen (VTT), C. Smith (UVIG): An Objective Measure of Interconnection Usage for High Levels of Wind Integration, 14th Wind Integration Workshop, WIW14-1227 (2014, 11, Berlin)
2014年 Y. Yasuda, T. Fujii (Otowa Electrcit Corp.), K. Yamamoto (Chubu Univ), N. Honjo (J-Power) and S. Yokoyama (Japan Transport Safety Board): Classification of Wind Turbine Blade Incidents regarding Lightning Risk Management, 31st International Conference on Lightning Protection (ICLP2014), pp. 986- 991 (2014, 9, Shanghai)
2014年 S. Yokoyama (Japan Transport Safety Board), N. Honjo (J-Power), Y. Yasuda, K. Yamamoto (Chubu Univ): Causes of wind turbine blade damages due to lightning and future research target to get better protection measures, 31st International Conference on Lightning Protection (ICLP2014), pp. 823- 830 (2014, 9, Shanghai)
2014年 Y. Yasuda and J. Kondoh (Tokyo Science University): How Flexibility should be developed in Japanese Grid for Future High Penetration of Variable Renewables?, Grand-Renewable Conference 2014, O-Wd-11-13 (2014, 7, Tokyo)
2013年 Y. Yasuda, A.R. Årdal(SINTEF), E.M. Carlini (Terna), A. Estanqueiro (LNEG), D. Flynn (University College Dublin), E. Gómez Lázaro (University Castilla La Mancha), D.H. Hernand (SINTEF), H. Holttinen (VTT), F. Van Hulle (XP WIND), J. Kiviluoma (VTT), J. Kondoh (Tokyo University of Science), B. Lange (Fraunhofer Institute), N. Menemenlis (Hydro Québec), M. Milligan (NREL), A. Orths (Energinet.dk), C. Smith (UVIG), L. Söder (KTH): Flexibility Chart - Evaluation on Diversity of Flexibility in Various Areas, 13th Wind Integration Workshop, WIW13-1029, (2013, 10, London)
2013年 R. Kuwahata (Ecofys) and Y. Yasuda: Balancing Options for Renewables Integration in Japan – Data Availability that Would Enable Evaluation –, 13th Wind Integration Workshop, WIW13-1092, (2013, 10, London)
2013年 D. Lew (NREL), L. Bird (NREL), E. Carlini (TERNA), A. Estanqueiro (LNEG), D. Flynn (UCD), E. Gómez Lázaro (University Castilla La Mancha), B. Lange (Fraunhofer Institute), N. Menemenlis (Hydro Québec), A. Orths (Energinet.dk), I. Pineda (EWEA), Y. Yasuda: Wind and Solar Curtailment: International Experience and Practices, 13th Wind Integration Workshop, WIW13-1146, (2013, 10, London)
2012年 Y. Yasuda, J. Kondoh (AIST), T. Tsuji (Yokohama National Univ.), T. Oyama (Yokohama National Univ.): Wind Integration in Japan: Current Status and Future Challenges, 12th Wind Integration Workshop, WIW12-187, (2012, 10, Lisbon)
2012年 S. Yokoyama (Sizuoka Univ.), Y. Yasuda, M. Minowa (Aichi Inst. of Tech.), S. Sekioka (Shonan Inst. of Tech.), K. Yamamoto (Chubu Univ.), N. Honjo (J-Power), T. Sato (Tohoku Elec. Power Co.): Clarification of the mechanism of wind turbine blade damage taking lightning characteristics into consideration and relevant research project, 30th International Conference on Lightning Protection, No.198 (2012, 6, Vienna)
2012年 Y. Yasuda, S. Yokoyama (Sizuoka Univ.), M. Ideno (Toyo Sekkei Co.): Verification of lightning damage classification to wind turbine blades, 30th International Conference on Lightning Protection, No.253 (2012, 6, Vienna)
2012年 Y. Yasuda: Grid Integration Issue of Renewables in Japan, REFORM Group Meeting, (2012, 8, Salzburg, Austria)
2011年 Y. Yasuda, S. Yokuyama (Shizuoka Univ.): Proposal of lightning damage classification to wind turbine blades, 7th Asia-Pacific International Conference on Lightning, pp.368-371 (2011, 11, Chengdu, China)
2010年 Y. Yasuda and T. Fujii (Kansai Univ.): Equivalent Equation of Earth Resistance for Ring Electrode of Wind Turbine, 30th International Conference on Lightning Protection (ICLP 2010) (2010, 9, Cagliari, Italy)
2010年 Y. Yasuda and T. Fujii (Kansai Univ.): Equivalent Equation of Earth Resistance for Ring Electrode of Wind Turbine, European Wind Energy Conference and Exhibition (EWEC2010), PO.349 (2010, 4, Warsaw, Poland)
2008年 T. Sørensen (DONG Energy), J. A. Plumer (Lightning Technology Inc.), J. Montanyá (Tech. Univ. Catalonia), T. H. Krogh (Siemens Wind Power), B. Helmoso (Univ. Public Navara), J. Birkl (Dehn+Söhne), T. Gehlhaar (Germanischer Lloyd), B. McNiff (McNiff Light Industies), K. Bertelsen (Electricon), V. Peesapati (Univ. Manchester), D. Brown (Culham Lightning), L. B. Hansen (LM Glasfiber), W. Zischank (Univ. Fed. Armed Force Munich), H. V. Erichsen (Vestas Wind Systems), R. R. Sola (Gamesa), Y. M. Herández (GE Global Reserch), I. Cotton (Univ. Manchester), S. Yokoyama (Kyushu Univ./CRIEPI), Y. Yasuda, J. Holbøll (DTU), S. F. Medsen (Highvoltage.dk), Z. Politis (Raycap Corp.): The Update of IEC 61400-24 Lightning Protection of Wind Turbines, 29th International Conference on Lightning Protection, No.10-3-1 (2008, 6, Uppsala, Sweden)
2007年 Y. Yasuda and T. Funabashi (Meidensha Corporation): Transient Analysis on Back-Flow Surge in Wind Farm due to Winter Lightning, IXst International Symposium on Lightning Protection (2007, 11, Foz do Iguacu, Brazil)
2007年 Y. Yasuda, T. Fujii (Kansai Univ.) and T. Ueda (Chubu Elec. Power Co.): Howe Does Ring Earth Electrode effect to wind Turbine?, Universities' Power Engineering Conference 2007 (2007, 9, New Castile upon Tyne, UK)
2007年 Y. Yasuda and T. Funabashi (Meidensha Corporation): Analysis on Back-Flow Surge in Wind Farms, International Symposium on Power Systems and Transition (2007, 6, Lyon, France)
2007年 Y. Yasuda, T. Fujii (Kansai Univ.) and T. Ueda (Chubu Elec. Power Co.): Transient Analysis of Ring Earth Electrode for Wind Turbine, European Wind Energy Conference (2007, 3, Athens)
2006年 T. Funabashi (Meidensha Corporation), T. Ueda (Chubu Electric Power Co.), H. Motoyama (CRIEPI), Y. Yasuda, S. Sekioka (Shonan University), A. Ametanmi (Doshisha University): Investigation of Surges on Low Voltage and Control Circuit in Japan -Preliminary Results-, International Conference on Grounding and Earthing (GROUND'2006), pp.433-436 (2006, 11. Brazil)
2006年 Y. Yasuda, T. Funabashi (Meidensha Corporation): Lightning Surge Analysis on Wind Farm -Comparison between PSCAD/EMTDC and ARENE-, International Conference on Grounding and Earthing (GROUND'2006), pp.403-406 (2006, 11. Brazil)
2006年 T. Takahashi (Kansai Univ.), Y. Yasuda, S. Omoto (Mothers Corporation): Proposal of Radial Type Coreless Generator Suitable for Small Vertical Axis Wind Turbine, International Conference and Exhibition on Renewable Energy 2006, on CD-ROM (2006, 10, Chiba)
2006年 Y. Yasuda, H. Kobayashi (Kansai Univ.), N. Uno (Kansai Univ.), T. Funabashi (Meidensha Corporation), T. Tanaka: Analysis on Burnout Accidents of Surge Arresters in Wind Farm Due to Winter Lightning, International Conference and Exhibition on Renewable Energy 2006, on CD-ROM (2006, 10, Chiba)
2006年 Y. Yasuda, S. Takeshima (Kansai Univ.), N. Kizu (Kansai Univ.), T. Simizu (Ace Point Systems Co. Ltd.): Development of a Low-Cost Data Logger and Data Delivery System Suitable for Distributed Renewable Energy Generations, International Conference and Exhibition on Renewable Energy 2006, on CD-ROM (2006, 10, Chiba)
2006年 Y. Yasuda, T. Yoshioka (Kansai Univ.), T. Ueda (Chubu Electric Power Co.): FDTD Analysis of Wind Turbine Earthing, 28th International Conference on Lightning Protection (ICLP2006), pp.1551-1556 (2006, 9. Kanazawa, Japan)
2006年 Y. Yasuda, N. Uno (Kansai Univ.), H. Kobayashi (Kansai Univ.), T. Funabashi (Meidensha Corporation): Surge Analysis on Wind Farm at Winter Lightning Stroke, 28th International Conference on Lightning Protection (ICLP2006), pp.1557-1562 (2006, 9. Kanazawa, Japan)
2006年 T. Fujii (Kansai Univ.), Y. Yasuda: FDTD Analysis on Ring-shaped Lightning Conductor for Wind Turbine, 28th International Conference on Lightning Protection (ICLP2006), pp.1596-1601 (2006, 9. Kanazawa, Japan)
2006年 Y. Yasuda, T. Ueda (Chubu Electric Power Co.): FDTD Transient Analysis of Ring Earth Electrode, 41st International Universities Power Engineering Conference (UPEC2006), on CD-ROM (2006, 9. Newcastle upon Tyne, UK)
2006年 T. Takahashi (Kansai Univ.), Y. Yasuda, S. Ohmoto (Mothers Corporation): Proposal and Development of Radial Coreless Generator Suitable for Small Wind Turbine using in Urban Area, The International Conference on Electrical Engineering 2006 (ICEE2006), on CD-ROM (2006, 6. Yong Pyong, Korea)
2006年 Y. Yasuda: Proposal of Ring-shaped Lightning Conductor for Wind Turbine, European Wind Energy Conference & Exhibition 2005 (EWEC2006), on CD-ROM (2005, 2, Athens)
2005年 Y. Yasuda: Novel Lightning Protection System for Wind Turbine using Ring-shaped Electrodes, World Wind Energy Conference & Exhibition 2005 (WWEC2005), on CD-ROM (2005, 11, Melbourne)
2005年 Y. Yasuda: Proposal of New Lightning Protection System for Wind Turbine, 40th International Universities Power Engineering Conference, pp.196-200 (2005, 9, Cork, Ireland)
2005年 Y. Yasuda, S. Takeshima (Kansai Univ.), T. Takahashi (Kansai Univ.), T. Shimizu (Ace Point Systems Co. Ltd.): Development of a Data Delivery System Suitable for Distributed Renewable Energy Generations, EXPO World Conference on Wind Energy, Renewable Energy, Fuel Cell & Exhibition (WCWRF2005), on CD-ROM (2005, 7, Hamamatsu)
2005年 Y. Yasuda, T. Fujii (Kansai Univ.): Development of a Novel Lightning Protection System for Wind Turbine using two Ring-shaped Electrodes, EXPO World Conference on Wind Energy, Renewable Energy, Fuel Cell & Exhibition (WCWRF2005), on CD-ROM (2005, 7, Hamamatsu)
2004年 T. Funabashi (Meidensha Corporation), Y. Yasuda: Lightning Surge Propagation depending on Wind Farm Insulation, International Conference on Grounding and Earthing 2004 (GROUND'2004), pp.180-183 (2004. 11, Brazil)
2004年 Y. Yasuda, T. Funabashi (Meidensha Corporation): A Study on Relationship between Grounding of Wind Turbines and Surge Propagation in Wind Farm, The 4th International Workshop on High Voltage Engineering, ED-04-119, SP-04-30, HV-04-60 (2004.10, Sapporo)
2004年 Y. Yasuda, T. Funabashi (Meidensha Corporation): Lightning Analysis on Wind Farm – Sensitivity Analysis on Earthing –, 27th International Conference on Lightning Protection, pp.1041-1046 (2004.9, Avignon)
2004年 Y. Yasuda, T. Funabashi (Meidensha Corporation): Transient Analysis on Wind Farm Suffered from Lightning, 39th International Universities Power Engineering Conference, pp.202-206 (2004,9, Bristol, UL)
2004年 Y. Yasuda, T. Funabashi (Meidensha Corporation): Analysis on Lightning Surge Propagation in Wind Farm, Proc. on International Conference on Electrical Engineering 2004, pp.121-124 (2004.6, Sapporo)
2003年 Y. Yasuda, T. Hara (Kansai Univ.), T. Funabashi (Meidensha Corporation): Lightning Surge Analysis on Wind Power Generation connected to Transmission Line, The Third IASTED International Conference on Power and Energy Systems (EuroPES2003), pp.489-494 (2003. 9, Spain)
2003年 Y. Yasuda, T. Hara (Kansai Univ.), T. Funabashi (Meidensha Corporation): Surge Analysis on Wind Power Generation with Grid-Interactive Inverter, 3rd International Workshop on High Voltage 2003, ED-03-34, SP-03-23, HV-03-23 (2003.1, Fukuoka)
2002年以前 Y. Yasuda, N. Anan (Kansai Univ.), T. Hara (Kansai Univ.), S. Hayashi (Kansai Univ.), T. Funabashi (Meidensha Corporation): Surge Analysis on Dispersed Generation with Voltage-Source Inverter interconnecting to Power System, IEEE/PES Transmission and Distribution conference 2002: Asia Pacific, vol. III, pp.1624-1627 (2002.10, Yokohama)
2002年以前 Y. Yasuda, Y. Hamano (Kansai Univ.), T. Hara (Kansai Univ.): Auto-Detection of Partial Discharges in Power Cables using Wavelet and Self-Organizing Map (SOM), International conference on Electrical Engineering 2002, vol. IV, pp.2161-2164 (2002. 6, Korea)
2002年以前 Y. Yasuda, Y. Hirakawa (Kansai Univ.), K. Shiraishi (Kansai Univ.), T. Hara (Kansai Univ.): Sensitivity Analysis of various Models of Tower Components for 500kV Transmission Lines, 2nd International Workshop on High Voltage 2000, vol. II, pp.65-70 (1999.11, Yonago) 
2002年以前 Y. Yasuda, U. Matsuura (Kansai Univ.), T. Hara (Kansai Univ.), M. Chen (Sumitomo Electric Industries), K. Hirotsu (Sumitomo Electric Industries) and S. Isojima (Sumitomo Electric Industries): Application of FWT (Fast Wavelet Transform) for Auto-Detection System of Partial Discharge in Power Cables, 11th International Symposium on High Voltage 1999, vol.2, pp.292-295 (1999.8, London)
2002年以前 T. Hara (Kansai Univ.), Y. Yasuda, Y. Hirakawa (Kansai Univ.), N. Hayanose (Kobe City College of Tech.), M. Takeuchi (Kansai Elec. Power Co.), K. Kawabata (Kansai Elec. Power Co.): Flashover Analyses of 500kV Transmission Towers with Nonlinear and Capacitive Grounding Resistance, 11th International Symposium on High Voltage 1999, vol.5, pp.301-304 (1999.8, London)
2002年以前 Y. Yasuda, Y. Hirakawa (Kansai Univ.), T. Hara (Kansai Univ.), N. Hayanose (Kobe City College of Tech.), M. Takeuchi (Kansai Elec. Power Co.) and K. Kawabata (Kansai Elec. Power Co.): Flashover Analyses of 500kV Transmission Towers with Capacitive Grounding Resistance, International Workshop on High Voltage 1999, SP-99-13, HV-99-13, pp.67-72 (1999.1, Okinawa)
2002年以前 M. Takeuchi (Kansai Elec. Power Co.), T. Hara (Kansai Univ.), Y. Yasuda: Impulse characteristics of a 500kV transmission Tower Footing base with Various Grounding Electrodes, 24th International Conference on Lighting Protection (1998, 9, Birmingham, UK)
2002年以前 Y. Yasuda, T. Hara (Kansai Univ.), M. Chen (Sumitomo Electric Industries), K. Hirotsu (Sumitomo Electric Industries): A Neural Network System for Auto-detection of Partial Discharges in Power Cables using an Analog Parallel Circuit, International Conference on Electrical Engineering '98, vol.1, pp.610-613 (1998, 7, Kyungju, Korea)

学会発表、研究会報告等

no 学会発表・研究会報告等
no 学会発表・研究会報告等
2019年 米津大吾, 綾田航大, 原田祥平, 田中裕矢, 福田修也(関西大学), 安田陽, 藤井利昭(音羽電機工業): 大規模洋上風力発電の耐雷設計のための放電試験に基づくリーダ進展様相の分析 その2, 電気学会高電圧研究会 HV-19-033 (2019, 1)
2019年 綾田航大, 原田祥平, 田中裕矢, 福田修也, 米津大吾(関西大学), 安田陽, 藤井利昭(音羽電機工業): 大規模洋上風力発電の耐雷設計のためのFDTD法を用いた放電シミュレーション その2, HV-19-034 (2019, 1)
2018年 安田 陽, 濱崎 博(富士通総研): 2050年変動性再生可能エネルギー導入率50%シナリオにおける日本の送電線投資分析, 第40回風力エネルギー利用シンポジウム (2018, 12)
2018年 安田陽: 規技術参入障壁としての送電線空容量問題, 環境経済・政策学会2018年年次大会 (2018, 9)
2018年 原田祥平, 綾田航大, 玉田倫也, 米津大吾(関西大学), 安田陽, 藤井利昭(音羽電機工業): 大規模洋上風力発電の耐雷設計のための棒−平板電極放電基礎実験, 電気学会新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-18-016, HV-18-063 (2018, 6)
2018年 綾田航大, 原田祥平, 玉田倫也, 米津大吾(関西大学), 安田陽, 藤井利昭(音羽電機工業): 大規模洋上風力発電の耐雷設計のためのFDTD法を用いた棒−平板電極放電の模擬, 電気学会新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-18-017, HV-18-064 (2018, 6)
2018年 安田陽, 桑畑玲奈(Elia Grid International): ドイツ需給調整市場の市場取引分析 〜日本への示唆, 電気学会新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-18-020, HV-18-067 (2018, 6)
2018年 安田陽: 送電線利用率分析と再生可能エネルギー大量導入に向けた送電線利用拡大への示唆, 電気学会新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-18-029, HV-18-076 (2018, 6)
2018年 安田陽, 濱崎博(富士通総研): TIMES-JMT Gridを用いた日本の再生可能エネルギー大量導入長期シナリオによる送電線投資分析, 電気学会新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-18-037, HV-18-084 (2018, 6)
2018年 安田陽: 日米欧の停電時間 (SAIDI) 国際比較, 平成30年電気学会全国大会, 7-108 (2018, 3)
2017年 安田, 山家: 北海道・東北地方の地内送電線利用率分析と風力発電大量導入に向けた課題, 第39回風力エネルギー利用シンポジウム (2017, 12)
2017年 安田, 濱崎(富士通総研): 風力発電大量導入を考慮した2050年長期エネルギーシナリオにおける電力系統投資・経済モデル分析, 第39回風力エネルギー利用シンポジウム (2017, 12)
2017年 上原(海外電力調査会), 安田, 舟橋(名古屋大):ポルトガルにおける風力発電導入政策の調査, 電気学会 電力技術・電力系統技術合同研究会 (2017, 9)
2017年 安田: 再生可能エネルギーの系統連系問題 〜不合理なリスク転嫁が参入障壁を形成する〜, 環境経済・政策学会2017年年次大会 (2017, 9)
2017年 舟橋(名古屋大学), 上原(海外電力調査会), 安田:アイルランドにおける風力発電導入政策の調査, 電気学会 高電圧/新エネルギー・環境合同研究会, FTE-07-007, HV-17-061 (2017, 6)
2017年 安田: 欧州の国際連系線の潮流分析 〜フランス=ドイツ間連系線を中心に〜, 電気学会 高電圧/新エネルギー・環境合同研究会, FTE-17-008, HV-17-062 (2017, 6)
2017年 原田(関西大), 安田: 欧州の国際連系線利用電力量に関する統計分析, 平成29年電気学会全国大会 No.6-145 (2017, 3)
2017年 綾田(関西大), 末永(関西大), 藤井(音羽電機工業), 工藤(音羽電機工業), 清水(音羽電機工業), 阿部(音羽電機工業), 大槻(音羽電機工業), 安田: 独立避雷鉄塔による大規模洋上風力発電の耐雷設計 —雷雲移動を模擬した雷インパルス試験—, 平成29年電気学会全国大会 No.7-077 (2017, 3)
2017年 末永(関西大), 安田:修理コストと事故レベルに着目した風力発電の雷事故統計分析, 電気学会平成29年全国大会, No.7-094 (2017, 3)
2017年 安田:風力発電の雷保護技術と規制・規格動向, 電気学会 高電圧研究会, HV-17-050 (2017, 1)
2016年 末永(関西大), 藤井(音羽電機工業), 工藤(音羽電機工業), 清水(音羽電機工業), 阿部(音羽電機工業), 大槻(音羽電機工業)独立避雷鉄塔による洋上風力発電所の耐雷設計の提案と基礎実験, 第38回風力エネルギー利用シンポジウム (2016, 11)
2016年 安田: 欧州における国際連系線融通電力量と再生可能エネルギー導入の相関, 第38回風力エネルギー利用シンポジウム (2016, 11)
2016年 藤井(音羽電機工業), 工藤(音羽電機工業), 清水(音羽電機工業), 阿部(音羽電機工業), 大槻(音羽電機工業), 安田: 独立避雷鉄塔を用いた洋上風力発電所の雷対策に関する実験的検討, 平成28年電気学会 電力・エネルギー部門大会, No.460 (2016, 9)
2016年 竹濱(立命館大), 安田: 風力・太陽光電力の出力変動、予測誤差と予備力の関係、ドイツの経験, 電気学会 新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-16-037, HV-16-077 (2016, 7)
2016年 安田: 欧州電力インフラの研究開発および投資状況 〜EUの政策プログラムの分析〜, 電気学会 新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-16-028, HV-16-068 (2016, 7)
2016年 末永(関西大), 玉田(関西大), 安田, 藤井(音羽電機工業), 工藤(音羽電機工業), 清水(音羽電機工業), 阿部(音羽電機工業), 大槻 (音羽電機工業): 日本海における大規模洋上風力発電所の冬季雷対策の基礎的検討, 電気学会 新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-16-017, HV-16-057 (2016, 7)
2016年 安田: 変動性再生可能エネルギー電源出力抑制率の国際比較, 電気学会 新エネルギー・環境/メタボリズム社会・環境システム合同研究会, FTE-16-001, MES-16-001 (2016, 2)
2016年 安田: 再生可能エネルギー大量導入のための連系線利用率の国際比較, 電気学会 新エネルギー・環境/メタボリズム社会・環境システム合同研究会, FTE-16-002, MES-16-002 (2016, 2)
2016年 安田, 末永(関西大): 修理コストと停止時間の相関に着目した風車雷事故統計分析, 電気学会高電圧研究会, HV16-037 (2015, 1)
2015年 安田: 連系線利用率の国際比較 ~風力発電大量導入を可能にする系統運用に向けて~, 第37回風力エネルギー利用シンポジウム, p.447-450 (2015, 11)  https://www.jstage.jst.go.jp/article/jweasympo/37/0/37_447/_pdf
2015年 安田: 電源構成の歴史的変遷の国際比較分析  ~各国は再生可能エネルギーをどのように育ててきたか?~, 環境経済・政策学会2015年年次大会 (2015, 9)
2015年 安田: 風力発電および太陽光発電の出力抑制率の国際比較, 電気学会 新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-15-029, HV-15-064 (2015, 5)
2015年 末永(関西大), 安田: 事故レベルおよび停止時間に着目した風車雷事故統計分析, 電気学会 新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-15-033, HV-15-068 (2015, 5)
2014年 安田, 景山(関西大), 末永(関西大):事故レベルおよび停止時間に着目した風車事故データの統計分析, 第36回風力エネルギー利用シンポジウム, p.269-273 (2014, 11)
2014年 安田: ベースロード電源は 21 世紀にふさわしいか? ~工学・経済学・政策学からの考察~, 環境経済・政策学会2014年年次大会 (2014, 9)
2014年 安田, 山本(中部大), 本庄(電源開発), 藤井(音羽電機), 横山(運輸安全委員会): 社会的影響を考慮したブレード雷事故様相と対策の分類, 電気学会新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-14-018, HV-14-073 (2014, 6)
2014年 竹濱(立命館大), 安田: ドイツにおける風力・太陽光発電の大量連系と系統運用分析, 電気学会 新エネルギー・環境/高電圧合同研究会, FTE-14-018, HV-14-073 (2014, 6)
2014年 安田, 本山(電中研), 関岡(湘南工大), 佐藤(NTTファシリティーズ), 広島(NTT) : 規格・法規にみる接地用語の定義と用例 ~第2報~, 電気学会高電圧研究会, HV-14-025 (2014, 1)
2014年 安田, 山本(中部大), 横山(運輸安全委員会): 社会的影響を考慮した風車ブレード雷事故様相分類法の提案, 平成26年電気学会全国大会, 7-509 (2014, 3)
2013年 安田, 近藤(東京理科大): 再生可能エネルギー大量導入のための日本の系統柔軟性評価, 電気学会 新エネルギー・環境/メタボリズム社会・環境システム 合同研究会, FTE-13-59, MES-13-15 (2013, 11)
2013年 安田: 風力発電導入率と電気料金の相関性国際比較, 第35回風力エネルギー利用シンポジウム, p.323-346 (2013, 11)
2013年 Y. Yasuda: Statistical Analysis on European Grid for Wind Integration Study, The Papers of Joint Technical Meeting, IEE Japan, PE-13-10, PSE-13-26, SPC-13-46 (2013, 3)
2012年 安田, 関岡(湘南工大), 本山(電中研): 規格・法規にみる接地用語の定義と用例, 電気学会高電圧研究会, HV-10-072 (2010, 12)
2012年 安田: 風力連系研究のための欧州系統データ分析, 第34回風力エネルギー利用シンポジウム (2012, 11)  https://www.jstage.jst.go.jp/article/jweasympo/34/0/34_239/_pdf
2012年 安田, 横山(静岡大), 出野(東洋設計): 風車ブレード雷害様相の分類法の改善とその評価, 第34回風力エネルギー利用シンポジウム (2012, 11)  https://www.jstage.jst.go.jp/article/jweasympo/34/0/34_231/_pdf
2011年 安田, 横山(電中研): 風車ブレード雷害様相の分類法の提案, 第33回風力エネルギー利用シンポジウム (2010, 11)  https://www.jstage.jst.go.jp/article/jweasympo/33/0/33_195/_pdf
2010年 安田, 藤井(関西大): 風車接地システムにおける 環状接地極・垂直埋設導体併設時の問題点, 第32回風力エネルギー利用シンポジウム (2010, 11)
2008年 安田, 藤井(関西大), 植田(中部電力): 落雷時における風車環状接地電極の電磁界解析, 平成20年電気学会全国大会 (2008, 3)
2007年 竹田(関西大), 高橋(関西大), 大本(マザーズ): 都市部における小型風力発電機に適したコアレス発電機の電機子コイル接続法, 平成19年電気学会全国大会, 7-022 (2007, 3)
2007年 大林(関西大), 藤井(関西大), 安田, 植田(中部電力): FDTD法による風車環状接地電極の解析, 平成19年電気学会全国大会, 7-044 (2007, 3)
2007年 栗田(関西大), 高橋(関西大),安田: 関西大学千里山キャンパスにおける風況観測と発電量予測, 第11回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, pp.25-28 (2007, 1)
2007年 竹田(関西大), 高橋(関西大),安田: 小型風車風速急変実験と併設蓄電池容量の設計指針, 第11回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, pp.357-360 (2007, 1)
2006年 竹田(関西大), 高橋(関西大),安田,大本(マザーズ): 小型風車の蓄電池容量検討のための風速急変実験, 平成18 年電気関係学会関西支部連合大会, G17-4 (2006, 11)
2006年 川合(近畿大学), 安田: マイクロ風車のトンネル照明利用の検討, 平成18 年電気関係学会関西支部連合大会, G17-8 (2006, 11)
2006年 栗田(関西大), 高橋(関西大),安田: 都市部での小型風力発電導入のための風況精査, 平成18 年電気関係学会関西支部連合大会, G17-9 (2006, 11)
2006年 安田, 木津(関西大), 清水(エースポイントシステムズ): 経済性・拡張性を考慮した小型風力発電用ウェブ型観測システムの開発, 第28回風力エネルギー利用シンポジウム講演論文集, pp.349-352 (2006, 11)
2006年 安田: エンジニアリング・ディベートの提案と環境エネルギー教育への適用, 第28回風力エネルギー利用シンポジウム講演論文集, pp.357-360 (2006, 11)
2006年 安田, 大本(マザーズ), 清岡(タケックスラボ), 清岡(竹資源総合研究所): 竹資源を用いた小型風車の開発, 第28回風力エネルギー利用シンポジウム講演論文集, pp.249-252 (2006, 11)
2006年 藤井(関西大), 吉岡(関西大), 安田, 植田(中部電力): 風車環状接地電極のFDTD解析, 平成18年電気学会電力・エネルギー部門大会[18], pp.15-16 (2006, 9)
2006年 高橋(関西大), 上田(関西大), 安田, 大本(マザーズ): JMAG-Studioを用いた小型垂直軸風車用ラジアル型コアレス同期発電機のコギングトルク解析, 平成18年電気学会電力・エネルギー部門大会[41], pp.9-10 (2006, 9)
2006年 安田: 風力発電用蓄電システムの技術動向, 第10回関西大学先端科学技術シンポジウム講演集, pp.140-143 (2006, 1)
2006年 安田, 吉岡(関西大), 植田(中部電力): FDTD法による風車環状接地電極の過渡インピーダンス解析, 電気学会高電圧研究会, HV-06-41 (2006, 1)
2006年 小林(関西大), 宇野(関西大), 安田, 舟橋(明電舎): 冬季雷によるウィンドファームの被雷器焼損事故シミュレーション, 電気学会高電圧研究会, HV-06-58 (2006, 1)
2005年 吉岡(関西大), 安田, 植田(中部電力): 大型風力発電設備の環状接地電極の電磁界過渡応答解析, 日本エネルギー学会関西支部第50回研究発表会・石油学会関西支部第14回研究発表会合同発表会要旨集, pp.63-64 (2005, 12)
2005年 栗田(関西大), 為則(関西大), 高橋(関西大),安田,大本(マザーズ): 小型垂直軸風車を用いた都市型風力発電のフィールドテスト, 日本エネルギー学会関西支部第50回研究発表会・石油学会関西支部第14回研究発表会合同発表会要旨集, pp.65-66 (2005, 12)
2005年 高橋(関西大), 安田, 大本(マザーズ): 小型風力発電用ラジアルタイプ回転界磁型同期発電機の開発, 平成17年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, G95 (2005, 11)
2005年 藤井(関西大), 吉岡(関西大), 安田: リング状風力避雷システムの開発 ―縮小実験とFDTD解析の比較―, 平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会講演論文集[28], pp.13-14 (2005, 8)
2005年 高橋(関西大), 安田, 大本(マザーズ): 小型風力発電用ラジアルタイプ回転界磁型同期発電機の提案と試作, 平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会講演論文集 [28], pp.15-16 (2005, 8)
2005年 藤井(関西大), 吉岡(関西大), 安田: リング状風力避雷システムの開発 ~縮小実験とFDTD解析の比較~, 平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会講演論文集 [28], pp.13-14 (2005, 8)
2005年 高橋(関西大),安田,大本(マザーズ): 小型風力発電用ラジアルタイプ回転界磁型同期発電機の提案と試作, 平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会講演論文集 [28], pp.15-16 (2005, 8)
2005年 安田, 松原(大阪大学): リング状風力避雷システムの提案と縮小模擬実験, 平成17年電気学会全国大会講演論文集[7], p.240 (2005, 3)
2005年 藤井(関西大), 吉岡(関西大), 安田: FDTD法によるリング状風力避雷システムの解析, 平成17年電気学会全国大会講演論文集[7], p.241 (2005, 3)
2005年 安田, 高橋(関西大): 都市型風力発電システムの実用化研究とキャパシタの応用, 第9回関西大学先端科学技術シンポジウム, pp.234-236 (2005, 1)
2004年 安田,舟橋(明電舎): 風力発電設備の雷サージ解析と各種シミュレータ比較, 平成16年電気学会九州支部沖縄支所・電子情報通信学会九州支部合同講演会論文集, pp.125-128 (2004, 12) 
2004年 冬木(関西大), 山本(関西大), 安田, 荒川(関西大), 北詰(関西大), 堂垣(関西大): コンテンツ制作の2段階アプローチと「コース経営パターン」の提案, 平成16年情報処理教育研究集会講演論文集, pp.141-142 (2004, 11)
2004年 安田, 越智(関西大), 楠見(関西大), 冬木(関西大), 斉藤(関西大), 北詰(関西大), 安原(関西大), 堂垣(関西大): 工学教育を対象としたe-learningコンテンツ作成・運用事例 ~例題提示およびレベル別問題設定によるプログラム言語演習~, 平成16年情報処理教育研究集会講演論文集, pp.361-363 (2004, 11)
2004年 高橋(関西大),竹嶋(関西大),安田 ,三上(ティーアンドエフ),清水(エースポイントシステムズ): 小型風力発電システムの観測に適した「真の実効値」変換器の開発,平成16電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.145 (2004,11)
2004年 竹嶋(関西大), 高橋(関西大), 安田, 清水(エースポイントシステムズ): 都市型自然エネルギー発電に適した発電・気象情報収集・配信システムの提案と開発, 平成16電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.146 (2004,11)
2004年 小林(関西大), 猪飼(関西大), 安田, 舟橋(明電舎): ウィンドファームの雷サージ解析 ~接地インピーダンスを考慮した感度解析~,平成16電気 関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.153 (2004,11)
2004年 猪飼(関西大), 小林(関西大), 安田, 舟橋(明電舎): ウィンドファームの雷サージ解析 ~EMTDCとARENEによる比較解析~, 平成16電気関係学会関 西支部連合大会講演論文集, p.154 (2004,11)
2004年 吉岡(関西大), 安田: リング状電極による大型風車避雷システムの提案と FDTD 法よる基礎的検討, 第26回風力利用エネルギーシンポジウム講演論文集, pp.357-360 (2004.11)
2004年 高橋(関西大),竹嶋(関西大),安田 ,三上(ティーアンドエフ),清水(エースポイントシステムズ):抗力型風車の観測に適した「真の実効値」変換回路の試作, 第26回風力利用エネルギーシンポジウム講演論文集, pp.385-388 (2004.11)
2004年 高橋(関西大), 安田, 大本(マザーズ): 並列配置サボニウス風車群による都市型風力発電システムの開発 ~並列配置と風向の関係について~, 平成16年太陽/風力エネルギー合同研究会講演論文集, pp353-356 (2004.11)
2004年 竹嶋(関西大), 高橋(関西大), 安田, 清水(エースポイントシステムズ): 都市型自然エネルギー発電に適した発電情報配信システムの開発, 平成16年太陽/風力エネルギー合同研究会講演論文集, pp.425-428 (2004.11)
2003年 安田, 原(関西大), 舟橋(明電舎): ウィンドファームの雷サージ解析 ~雷撃時にウィンドファーム内を伝搬するサージ~, 第25回風力エネルギー利用シンポジウム, pp.240-243 (2003, 11)
2003年 安田, 猪飼(関西大), 小林(関西大): ウィンドファーム落雷時の接地方式に関する感度解析, 平成15年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, G212 (2003, 11)
2003年 安田: ウィンドファームの雷サージ解析 ~接地抵抗に関する感度解析~, 2003年太陽/風力エネルギー講演論文集, pp.145-148 (2003, 11)
2003年 安田: 落雷によるウィンドファーム内のサージ伝搬解析, 電気学会放電・開閉保護・高電圧合同研究会資料, ED-03-219, SP-03-141, HV-03-134 (2003,11)
2003年 安田, 原(関西大), 舟橋(明電舎): 電力系統に連系された風力発電設備の雷サージ解析, 電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会資料, PE-03-142, PSE-03-153 (2003, 9)
2003年 安田, 原(関西大), 舟橋(明電舎): 風力発電設備の雷サージ解析, 平成 15年電気学会全国大会講演論文集[7], p.243 (2003, 3)
2002年 安田, 原(関西大), 舟橋(明電舎): ウィンドファームにおける各種サージ解析, 第24回風力エネルギー利用シンポジウム, pp.87-90 (2002, 11)
2002年 安田, 原(関西大), 舟橋(明電舎): 電力系統に連系されたウィンドファームのサージ・シミュレーション, 2002年太陽/風力エネルギー講演論文集, pp.161-164 (2002, 11)
2002年 安田, 原(関西大), 舟橋(明電舎): ARENEによる分散型電源の地絡サージ シミュレーション, 電気学会高電圧研究会資料,HV-02-53 (2002,10)
2002年 安田, 原(関西大), 舟橋(明電舎): ARENEによる分散型電源の地絡サージ 解析, 平成14年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, G164 (2002, 11)
2002年 安田,阿南(関西大), 原(関西大), 舟橋(明電舎): 分散型電源および系統連系インバータの地絡サージ解析, 平成14年電気学会電力・エネルギー部門大会論文集(分冊A), pp.583-584 (2002, 8)
2002年 安田,阿南(関西大), 原(関西大), 舟橋(明電舎): 分散型電源を有する電力系統の地絡サージ解析, 平成14年電気学会全国大会講演論文集[7], p.238 (2002, 3)
2002年 濱野(関西大), 安田,原(関西大),浦野(住友電工), 陳(J-Power Systems): 電力ケーブル線路における部分放電自動検出のためのSOM(自己組織化特徴マップ)の応用, 平成14年電気学会全国大会講演論文集[7], p.208 (2002, 3)
2002年 池田(関西電力), 園井(関西電力), 古岡(関西電力), 安田,原(関西大): 過渡接地抵抗モデルを適用した500kV送電線雷事故様相の再現検討, 平成14年電気学会全国大会講演論文集[7], p.231 (2002, 3)
2001年 岩崎(関西大), 安田, 原(関西大): 多相フラッシオーバ解析における雷道インピーダンスの影響, 平成13年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.152 (2001, 11)
2001年 近藤(関西大), 安田,原(関西大), 池田(関西電力), 園井(関西電力), 川端(関西電力): Liew-Darveniza接地モデルを用いた500kV送電線雷サージ解析: 電気学会研究会資料, ED-01-232, SP-01-77, HV-01-131, (2001, 11)
2001年 大松(神戸高専), 早ノ瀬(神戸高専), 安田,原(関西大): 容量性非線形接地抵抗モデルによる77kV鉄塔多相フラッシオーバ解析, 平成13年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.153 (2001, 11)
2001年 近藤(関西大), 安田, 原(関西大), 池田(関西電力), 川端(関西電力): 修正Liew-Darvenizaモデルによる送電鉄塔接地抵抗サージ動特性: 平成13年電気学会全国大会講演論文集[7]. p.2665 (2001, 3)
2001年 白石(関西大), 安田, 原(関西大), 池田(関西電力), 川端(関西電力): 短波尾フラッシオーバモデルを用いた500kV送電線雷サージ解析, 平成13年電気学会全国大会講演論文集[7]. p.3005 (2001, 3)
2000年 近藤(関西大), 安田,原(関西大): MODESによる接地抵抗非線形特性の記述と500kV送電線雷サージ解析への適用, 平成12年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.155 (2000, 11)
2000年 白石(関西大), 安田,原(関西大): 500kV送電線雷サージ解析における容量性接地モデルの感度解析, 平成12年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.156 (2000, 11)
2000年 大松(神戸高専), 早ノ瀬(神戸高専), 安田,原(関西大): 接地抵抗の非線形性を考慮した77kV鉄塔雷撃フラッシオーバ解析, 平成12年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.157 (2000, 11)
2000年 安田,原(関西大),陳(住友電工), 浦野(住友電工): 部分放電自動検出のためのウェーヴレット・ノイズフィルタ, 平成12年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.171 (2000, 11)
2000年 安田,高松(関西大),原,陳(住友電工), 浦野(住友電工): ウェーヴレット・ニューロによる電力ケーブル内部分放電自動検出,平成12年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, pp.393-396 (2000, 9)
2000年 武本(関西大), 松浦(関西大), 安田, 原(関西大): エリート戦略および並列GAを用いた境界要素法クラック同定, 平成12年電気学会全国大会講演論文集[1], p.6 (2000, 3)
2000年 牧野(関西大), 栃尾(関西大), 安田, 原(関西大): 最適化手法を用いた導体板探傷のためのバンドマトリックス法の適用, 平成12年電気学会全国大会講演論文集[1], p.8 (2000, 3)
2000年 安田, 原(関西大): 特異値分解による一般逆行列の導体板探傷への応用 -電気双極子ポテンシャル場を利用した直流電位差法-, 平成12年電気学会全国大会講演論文集[1], p.9 (2000, 3)
1999年 安田, 原(関西大): ムーア・ペンローズの一般逆行列による不適切逆問題の解法 -2次元電荷源推定問題への応用-, 平成11年度電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.19 (1999, 11)
1999年 山本(関西大), 米津(関西大), 安田, 原(関西大): グラディエント法を用いた要素再構成アルゴリズムによる亀裂同定, 平成11年度電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.21 (1999, 11)
1999年 高松(関西大), 安田, 原(関西大), 陳(住友電工), 浦野(住友電工): ウェーヴレット解析による電力ケーブル内部分放電の特徴抽出, 平成11年度電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.149 (1999, 11)
1999年 平川(関西大), 安田, 原(関西大), 早ノ瀬(神戸高専), 竹内(関西電力), 川端(関西電力): 容量性と非線形性を考慮した接地抵抗モデルによる500kV送電鉄塔雷撃応答解析, 平成11年電気学会全国大会講演論文集[7], p.143 (1999, 3)
1999年 松浦(関西大), 牧野(関西大), 安田, 原(関西大), 陳(住友電工), 弘津(住友電工): 電力ケーブル内部分放電自動検出システムへのFWT(高速ウェーヴレット変換)の応用, 平成11年電気学会全国大会講演論文集[7], p.237-238 (1999, 3)
1999年 仲辻(関西大), 西口(関西大), 安田, 原(関西大): 複合ニューラルネットワークを用いた直流ポテンシャル法による欠陥の位置同定, 平成11年電気学会全国大会講演論文集[1], p.33-34 (1999, 3)
1999年 長江(関西大), 安田, 原(関西大): 遺伝的アルゴリズムを用いた直流ポテンシャル法による線状亀裂の同定, 平成11年電気学会全国大会講演論文集[1], p.38 (1999, 3)
1999年 栃尾(関西大), 安田, 原(関西大): シミュレーティド・アニーリングを用いた直流ポテンシャル法欠陥形状同定アルゴリズム, 平成11年電気学会全国大会講演論文集[7], p.35 (1999, 3)
1999年 米津(関西大), 山本(関西大), 角野(関西大), 安田, 原(関西大), 結石(住友電工), 鍛冶(住友電工): 遺伝的アルゴリズムとグラディエント法を組み合わせた直流ポテンシャル法非破壊探傷アルゴリズム, 平成11年電気学会全国大会講演論文集[1], p.36-37 (1999, 3)
1998年 平川(関西大), 原(関西大), 安田, 早ノ瀬(神戸高専), 竹内(関西電力), 川端(関西電力): 容量性接地抵抗モデルによる500kV送電鉄塔フラッシオーバ解析, 平成10年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.141 (1998, 11)
1998年 平川(関西大), 原(関西大), 安田, 早ノ瀬(神戸高専), 竹内(関西電力), 川端(関西電力): 非線形接地抵抗モデルによる鉄塔雷撃時フラッシオーバ解析, 電気学会研究会資料, HV-98-89, ED-98-145, (1998, 10)
1998年 竹内(関西電力), 川端(関西電力), 安田, 原(関西大), 福園(関西テック), 関岡(関西テック): 衝撃大電流領域における塔脚接地特性, 平成10年電気学会電力・エネルギー部門大会論文集[1], pp.136-137 (1998, 8)
1998年 安田, 平川(関西大), 原(関西大), 早ノ瀬(神戸高専), 竹内(関西電力), 川端欣関西電力): 非線形接地抵抗モデルによる500kV送電鉄塔フラッシオーバ解析,平成10年電気学会電力・エネルギー部門大会論文集[1], pp.240-241 (1998, 8)
1998年 安田, 松浦(関西大), 原(関西大):フラクタル次元解析による電力ケーブル内部分放電の自動検出, 電気学会研究会資料, EC-98-4 (1998, 7)
1998年 竹内(関西電力), 川端(関西電力), 安田, 原(関西大), 福園(関西テック), 関岡(関西テック): 塔脚接地抵抗低減効果に関する検討, 平成10年電気学会全国大会講演論文集[7], pp.185-186 (1998, 3)
1998年 原(関西大), 沖(関西大), 米津(関西大), 安田, 竹内(関西電力): 非線形接地抵抗モデルを用いた鉄塔接地抵抗の衝撃電流過渡特性, 平成10年電気学会全国大会講演論文集[7], p.187 (1998, 3)
1998年 原(関西大), 平川(関西大), 安田, 竹内(関西電力), 川端(関西電力), 早ノ瀬(神戸高専): 非線形接地抵抗モデルを用いた500kV送電鉄塔雷撃シミュレーション, 平成10年電気学会全国大会講演論文集[7], p.188 (1998, 3)
1998年 安田, 長江(関西大), 原(関西大), 竹内(関西電力), 川端(関西電力), 関岡(関西テック): 500kV送電鉄塔塔脚実規模試験における併用接地電極の分流効果,平成10年電気学会全国大会講演論文集[7], p.189 (1998, 3)
1998年 原(関西大), 仲辻(関西大), 志水(関西大), 安田, 弘津(住友電工): 直接法ニューラルネットワークによる電力ケーブル内部分放電の自動検出, 平成10年電気学会全国大会講演論文集[7], pp.232-233 (1998, 3)
1998年 安田, 島田(関西大), 原(関西大), 弘津(住友電工): 電力ケーブル内部分放電のウェーヴレット解析, 平成10年電気学会全国大会講演論文集[7],p.237 (1998, 3)
1998年 安田, 川邊(関西大), 松浦(関西大), 原(関西大): フラクタル次元解析を利用した電力ケーブル内部分放電の自動検出法, 平成10年電気学会全国大会講演論文集[7], p.238 (1998, 3)
1998年 安田, 松浦(関西大), 原(関西大): 電力ケーブル内部分放電の自動検出法のためのリアプノフ・スペクトラム解析, 平成10年電気学会全国大会講演論文集[7], p.239 (1998, 3)
1998年 安田, 松浦(関西大), 原(関西大): 信号/雑音判定用簡易リアプノフ・スペクトラム解析アルゴリズム, 1998年電子情報通信学会総合大会講演論文集[A],p.418 (1998, 3)
1998年 安田, 原(関西大), 弘津(住友電工): アナログニューラルネットワーク回路に適したRandom Weight Change 学習則の収束性, 1998年電子情報通信学会総合大会講演論文集[D-1], p.12 (1998, 3)    
1997年 原(関西大), 安田, 竹内(関西電力), 足立(関西電力), 関岡(関西テック): 鉄塔塔脚接地抵抗の電流依存特性, 平成9年電気学会電力・エネルギー部門大会論文集(論文II), pp.579-580 (1997, 7)
1997年 安田, 平川(関西大), 原(関西大), 竹内(関西電力), 足立(関西電力), 松井(関西電力), 関岡(関西テック): 500kV送電鉄塔塔脚基礎と併用接地電極の分岐電流比率, 平成9年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.G154 (1997, 11)
1997年 安田, 仲辻(関西大), 原(関西大), 弘津(住友電工): 電力ケーブル内部分放電検出のためのアナログ・ニューラルネットワーク回路の試作, 平成9年電気関係学会関西支部連合大会講演論文集, p.G155 (1997, 11)
1997年 竹内(関西電力), 足立(関西電力), 安田, 原(関西大), 福園(関西テック), 関岡(関西テック): 接地電極の土中放電に関する検討(その2), 電気学会 高電圧/静電界合同研究会, ED-97-189, (1997, 11)
1997年 竹内(関西電力), 足立(関西電力), 安田, 原(関西大), 福園(関西テック), 関岡(関西テック): 接地電極の土中放電に関する検討, 電気学会 高電圧/静電界合同研究会, HV-97-156, ED-97-166 (1997, 10)
1997年 山口(東京農工大), 安田, 小林(ブラザー工業), 苅田(神鋼電機): 競争時代を拓くリニアモータ, 電気学会研究会, LD-97-81 (1997, 8)
1996年以前 1996年以前は省略

コラム等

○ コラム連載

no コラム連載
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_energy/occasionalpapers
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 出力抑制「狂想曲」再考 (2018年11月29日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 北海道ブラックアウトと電力市場 (2018年10月4日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 太陽光発電2019年問題の何が問題なのか? (2018年8月2日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 送電線空容量問題、その後のその後 (2018年6月7日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 送電線空容量問題、その後の動向 (2018年4月5日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 送電線空容量および利用率全国調査速報(その3)(2017年2月28日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 送電線空容量および利用率全国調査速報(その2)(2017年2月1日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 送電線空容量および利用率全国調査速報(その1)(2017年1月27日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 再生可能エネルギーはなぜ世界中で推進されているのか (2017年12月14日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 送電線空容量に潜む本質的な問題 (2017年10月26日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 続・送電線に「空容量」は本当にないのか? (2017年10月5日, 山家公雄特任教授と共著)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 送電線に「空容量」は本当にないのか? (2017年10月2日, 山家公雄特任教授と共著)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) エビデンスベースなエネルギー論争のために (2017年8月10日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 再生可能エネルギーの「自立化」のために議論すべきこと (2017年6月15日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 送電線の費用便益分析とその意義 (2017年4月13日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 電力産業から見た洋上風車の魅力 (2017年3月2日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 送電インフラへの投資が進む欧州 (2017年1月26日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 消費者を置き去りにした市場は誰のものか? (2016年12月28日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 透明で、非差別的な・・・。 (2016年11月17日)
京都大学再生可能エネルギー経済学講座コラム「再エネを語る。未来を語る。」(2016年10月〜, 不定期) 電力システム改革貫徹委員会は何を貫徹するのか (2016年10月27日)
no コラム連載
no コラム連載
日本経済新聞『やさしい経済学』欄短期連載「地域分散型エネルギーと地産地消」(2019年1月4日〜15日) https://r.nikkei.com/search?keyword=やさしい経済学+安田陽&volume=8
日本経済新聞『やさしい経済学』欄短期連載「地域分散型エネルギーと地産地消」(2019年1月4日〜15日) エネルギー自治の時代, 日経新聞2019年1月4日朝刊経済教室面
日本経済新聞『やさしい経済学』欄短期連載「地域分散型エネルギーと地産地消」(2019年1月4日〜15日) 電力の「鎖国」は非効率, 日経新聞2019年1月7日朝刊経済教室面
日本経済新聞『やさしい経済学』欄短期連載「地域分散型エネルギーと地産地消」(2019年1月4日〜15日) 蓄電池設置は高コストに, 日経新聞2019年1月8日朝刊経済教室面
日本経済新聞『やさしい経済学』欄短期連載「地域分散型エネルギーと地産地消」(2019年1月4日〜15日) 安易な防災目的、負の遺産も, 日経新聞2019年1月9日朝刊経済教室面
日本経済新聞『やさしい経済学』欄短期連載「地域分散型エネルギーと地産地消」(2019年1月4日〜15日) 市場取引否定は自縄自縛招く, 日経新聞2019年1月10日朝刊経済教室面
日本経済新聞『やさしい経済学』欄短期連載「地域分散型エネルギーと地産地消」(2019年1月4日〜15日) 費用便益分析が必要, 日経新聞2019年1月11日朝刊経済教室面
日本経済新聞『やさしい経済学』欄短期連載「地域分散型エネルギーと地産地消」(2019年1月4日〜15日) 全体で「外貨」を稼ぐ仕組みに, 日経新聞2019年1月14日朝刊経済教室面
日本経済新聞『やさしい経済学』欄短期連載「地域分散型エネルギーと地産地消」(2019年1月4日〜15日) 市場取引で「輸出超過」に, 日経新聞2019年1月15日朝刊経済教室面
no コラム連載
no コラム連載
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第12回(最終回):Q&A編「読者からのお悩み・ご相談承ります」, OHM 2018年5月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第11回:対談編「日本人の英語はどう見られているか?」, OHM 2018年4月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第10回:英語で交渉!編「英語で意思表示をしよう。できれば日本語でもね。」, OHM 2018年3月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第9回:英語プレゼン 事前準備編「楽しくラクして英語を学ぼう。ただしアンテナを張ること。」, OHM 2018年2月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第8回:英語プレゼン スライド資料編「スライド資料は紙芝居。紙芝居を見ながら喋ろう」, OHM 2018年1月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第7回:英語プレゼン 口頭発表編「胸を張って堂々と喋ろう」, OHM 2017年12月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第6回:英語プレゼン 質疑応答編「質疑応答は「受け」ではなく「攻め」」, OHM 2017年11月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第5回:英語プレゼン 懇親会編「懇親会こそ国際会議の華」, OHM 2017年10月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第4回:口頭発表編「リハーサルを制すものが本番を制す」, OHM 2017年9月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第3回:プレゼン資料編その2「魅せるプレゼン資料で勝負!」, OHM 2017年8月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第2回:プレゼン資料編その1「プレゼンのストーリーは論理性が鍵」, OHM 2017年7月号
月刊OHM連載「プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門」 (2017年6月〜2018年5月) 第1回:メンタル編「苦手意識は無理に克服しなくてOK」, OHM 2017年6月号
no コラム連載
no コラム連載
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) http://www.kankyo-business.jp/column/columnist/yoh-yasuda/index.php
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 送電線空容量問題を総括する (2017年1月15日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) オーフス日記『将来の需給バランスを担う需給調整責任会社(BRP)』 (2017年11月20日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 再エネの系統連系「神話」を解体する (2017年4月3日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) さよならバックアップ電源 ~これからは柔軟性の時代~ (2017年2月27日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 欧州ではなぜ送電インフラへの投資が盛んなのか? (2017年1月30日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 「電力会社」はあと3年でなくなります (2017年1月9日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 「容量市場は社会主義的」という言説をご存知ですか? (2016年12月12日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) ウィーン日記(国際議論の最先端) (2016年11月28日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 日本のエネルギー政策にフェアネス精神はあるか? (2016年11月14日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 最適制度設計としてのゾーニング(その2) (2016年11月31日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 最適制度設計としてのゾーニング(その1) (2016年10月17日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) リスボン日記(国際規格の現場から5) (2016年10月3日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 極端な二元論や白黒論争に陥らないために (2016年9月19日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風力は外部コストが一番少ない電源です。 (2016年9月5日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 再生可能エネルギーのおかげで送電インフラの投資が進む (2016年6月13日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) フランクフルト日記(国際規格の現場から 4) (2016年5月16日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) メガソーラーのトラブルと自律的ガバナンス (2016年4月25日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 発電ビジネスとアセットマネジメント (2016年4月11日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 保険統計データからみた風力発電の雷事故と情報の透明性 (2016年3月28日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 太陽光発電の事故防止と規制動向 (2016年3月14日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 電力市場と再エネ出力予測ビジネスの最前線 (2016年2月29日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 電力自由化したら停電が増える? (2016年2月15日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) コペンハーゲン日記(電力自由化の本場から)(2016年2月1日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 再エネにとって電力自由化とは何かを再考する (2016年1月18日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 年頭にそもそも電力自由化とは何かを再考する (2016年1月4日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 再エネを語らない日本 (2015年12月14日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 再エネに関する情報ギャップ(その2:原因者負担と受益者負担) (2015年11月30日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 再エネに関する情報ギャップ(その1:便益ってご存知ですか?) (2015年11月16日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) ブリュッセル日記(国際議論の現場から) (2015年11月2日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 国際情報を分析し、日本の次の10年に活かす (2015年10月26日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 消費者に選ばれる電源になるために ~経営戦略としてのメンテナンス~(下) (2015年10月19日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 消費者に選ばれる電源となるために ~経営戦略としてのメンテナンス~(中) (2015年10月12日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 消費者に選ばれる電源となるために ~経営戦略としてのメンテナンス~(上) (2015年10月5日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) トゥールーズ日記(国際規格の現場から 3) (2015年9月28日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風力発電の事故防止に係る規制の最新動向 (2015年9月7日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風力発電産業を活性化するメンテナンスビジネス(その4) (2015年8月24日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風力発電産業を活性化するメンテナンスビジネス(その3) (2015年8月17日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風力発電産業を活性化するメンテナンスビジネス(その2) (2015年8月3日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風力発電産業を活性化するメンテナンスビジネス(その1) (2015年7月27日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) ナゴヤ日記(国際規格の現場から) (2015年7月13日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 続々・データで見る日本のエネルギー政策の孤立性と特異性  (2015年6月29日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 続・データで見る日本のエネルギー政策の孤立性と特異性 (2015年6月22日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) データで見る日本のエネルギー政策の孤立性と特異性 (2015年6月15日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) ベストミックスは誰のため? (2015年6月8日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 日本に再エネの志はありや? (2015年5月25日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) ベースロード電源は21世紀にふさわしいか?(その4) (2015年5月11日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) ベースロード電源は21世紀にふさわしいか?(その3) (2015年4月27日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) ベースロード電源は21世紀にふさわしいか?(その2) (2015年4月20日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) ベースロード電源は21世紀にふさわしいか?(その1) (2015年4月13日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) バックアップ電源以外の選択肢 (2015年3月30日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 再エネ出力抑制の日欧比較から見えること (2015年3月16日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) バルセロナ日記(国際規格の現場から) (2015年3月2日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風車の天敵、冬季雷(お詫びと訂正の巻) (2015年2月16日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風車の天敵、冬季雷(規格と規制の巻) (2015年2月2日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風車の天敵、冬季雷 (2015年1月19日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 日本の電力技術は遅れている、と言われないために (2015年1月5日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 日本の電力技術は遅れている、と言うべき日が来た (2014年12月22日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風力発電の事故を減らすには? (2014年12月15日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風力発電の事故は多いのか? (2014年12月1日号)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 「補助金ビジネス」を撲滅せよ! (2014年11月17日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 「接続拒否」という新たな誤解と神話(補遺) (2014年11月3日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 「接続拒否」という新たな誤解と神話(その3) (2014年10月20日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 「接続拒否」という新たな誤解と神話(その2) (2014年10月13日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 「接続拒否」という新たな誤解と神話(その1) (2014年10月6日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 実はあまり語られないFITとメンテナンスの関係 (2014年9月22日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 本当は怖い風車の保険の話 ~逆選択とモラルハザード~ (2014年9月8日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) リスクマネジメントってみんな言うけど(その4) (2014年8月25日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) リスクマネジメントってみんな言うけど(その3) (2014年8月11日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) リスクマネジメントってみんな言うけど(その2) (2014年7月28日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) リスクマネジメントってみんな言うけど(その1) (2014年7月14日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 「発電量」というナゾの言葉 (2014年6月30日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 意外と知らない稼働率と設備利用率の違い(下) (2014年6月16日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 意外と知らない稼働率と設備利用率の違い(中) (2014年6月2日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 意外と知らない稼働率と設備利用率の違い (2014年5月19日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) なぜ欧州では市民風車が成功したのか?(下) (2014年4月28日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) なぜ欧州では市民風車が成功したのか?(上) (2014年4月21日)
環境ビジネスオンライン「風力発電大量導入への道」(2014年4月~, 有料会員向け記事) 風力発電は一にも二にもメンテナンスが大事 (2014年4月7日)
no コラム連載
no コラム連載
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) http://www.energy-democracy.jp/author/yasuda_yo
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) 不透明なバーター取引では電力市場は成長しません(後編) (2016年12月9日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) 不透明なバーター取引では電力市場は成長しません(前編) (2016年12月8日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *日本のエネルギー政策にフェアネス精神はあるか? (2016年11月29日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *再エネにとって電力自由化とは何かを再考する (2016年4月19日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *そもそも電力自由化とは何かを再考する (2016年4月7日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *再エネのコストは誰が負担するのか?  (2015年12月28日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *再エネの便益が語られない日本  (2015年12月14日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *ベストミックスは誰のため?  (2015年7月6日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *日本に再エネの志はありや?  (2015年6月23日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *ベースロード電源は21世紀にふさわしいか?(その3)  (2015年5月29日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *ベースロード電源は21世紀にふさわしいか?(その2)  (2015年5月27日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *ベースロード電源は21世紀にふさわしいか?(その1)  (2015年5月25日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *バックアップ電源以外の選択肢  (2015年5月19日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *日本の電力技術は遅れている、と言われないために  (2015年1月19日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *日本の電力技術は遅れている、と言うべき日が来た  (2015年1月5日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *再エネが入らないのは誰のせい?:接続保留問題の重層的構造(その3)  (2014年12月14日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *再エネが入らないのは誰のせい?:接続保留問題の重層的構造(その2)  (2014年12月6日)
Energy Democracy(2014年12月~, 不定期, *印は環境ビジネスオンラインからの編集・転載) *再エネが入らないのは誰のせい?:接続保留問題の重層的構造(その1)  (2014年11月28日)

no コラム連載
no コラム連載
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) http://synodos.jp/authorcategory/yasudayou
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) ブラックアウトは電力会社のせいか? ―北海道ブラックアウトからの教訓 (2018年9月19日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *日本のエネルギー政策にフェアネス精神はあるか? (2016年12月10日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *そもそも電力自由化とは何かを再考する (2016年4月17日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *再エネのコストは誰が負担するのか?―世界の潮流は「受益者負担の原則」(2016年2月3日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *「便益」の登場頻度は「コスト」の300分の1!?―再エネの「便益」を語らない日本メディア (2015年12月16日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *日本に再エネの志はありや?―なぜ風力発電だけが大幅削減なのか (2015年7月23日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *ベストミックスは誰のため? (2015年7月14日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *何が再生可能エネルギー大量導入を阻害しているのか?―日欧の政策比較から見えること (2015年6月24日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *なぜベースロード電源は消滅しつつあるのか?―「メリットオーダー」の観点から (2015年6月16日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *ベースロード電源は21世紀にふさわしいか? (2015年5月30日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *バックアップ電源以外の選択肢 (2015年5月21日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *日本の電力技術は遅れている、と言われないために (2015年1月21日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *日本の電力技術は遅れている、と言うべき日が来た (2015年1月14日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *再エネが入らないのは誰のせい?:接続保留問題の重層的構造(その3) (2014年12月23日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *再エネが入らないのは誰のせい?:接続保留問題の重層的構造(その2) (2014年12月21日)
シノドス(2014年12月~, 不定期, *印はEnergy Democracyからの転載) *再エネが入らないのは誰のせい?:接続保留問題の重層的構造(その1) (2014年11月20日)

no コラム、寄稿文等
no コラム、寄稿文等
○ その他のコラム、寄稿文等 電力産業はベネフィットを目指す, 関西電力R&D News Kansai巻頭言, 2018年3月号, p.1
○ その他のコラム、寄稿文等 送電線「空容量」問題の深層, 聖教新聞, 2017年12月14日
○ その他のコラム、寄稿文等 送電技術の遅れを招く風力発電軽視のツケ, 週刊東洋経済, 2017年9月30日号, pp.74-75
○ その他のコラム、寄稿文等 インセンティブ規制で効率化 設備投資で卸価格値下げも, 週刊エコノミスト, 2017年2月7日号, p.27
○ その他のコラム、寄稿文等 再エネ議論にはバランスの取れた国際情報収集が不可欠, エネルギーフォーラム, 2015年7月号, pp.76-77
○ その他のコラム、寄稿文等 時代遅れの「ベースロード電源」 世界はもっと柔軟な系統運用, 週刊エコノミスト, 2015年7月7日号, pp.42-43
○ その他のコラム、寄稿文等 風力発電は実は最も安定した電源である, 自然エネルギー財団 自然エネルギー・アップデート, 2014年10月23日掲載
○ その他のコラム、寄稿文等 再生可能エネルギーのドライバーとしての優先給電, 自然エネルギー財団 自然エネルギー・アップデート, 2014年8月28日掲載
○ その他のコラム、寄稿文等 「連系線」にまつわる誤解と神話, 自然エネルギー財団 自然エネルギー・アップデート, 2014年5月29日掲載
○ その他のコラム、寄稿文等 「ベースロード」にまつわる誤解と神話, 自然エネルギー財団 自然エネルギー・アップデート, 2014年4月4日掲載
○ その他の雑文等 再生可能エネルギーをめぐる見えない障壁, 岩波書店『科学』巻頭エッセイ (2018, 10)
https://www.iwanami.co.jp/news/n26571.html
○ その他の雑文等 技術と制度の間をつなぐ 〜理事就任のご挨拶に代えて〜, 風力エネルギー, Vol.42, No.2, p.108 (2016, 8)
○ その他の雑文等 特集IEA Wind TCPにおける取り組み「Task 25 – Power Systems with large amount of Wind Power 〜風力発電大量導入時の電力システム〜」, 風力エネルギー, Vol.41, No.2, p.165 (2017, 8)
○ その他の雑文等 学界情報15th Wind Integration Workshop 報告, 電気学会論文誌B, Vol. 137, No.6, p.3 (2016, 6)
○ その他の雑文等 新役員、学会発展に向けた抱負を語る「異分野の壁を乗り超え、複眼的な視野で議論する 〜理事就任のご挨拶に代えて〜」, 風力エネルギー, Vol.40, No.2, p.159 (2016, 8)
○ その他の雑文等 書評ひもとく 電力自由化 公平で透明なルール作りを, 朝日新聞, 2016年4月3日朝刊11面
○ その他の雑文等 巻頭言「『国内外における風力発電の系統連系』によせて」, 風力エネルギー, Vol.39, No.2, p.126 (2015, 8).
○ その他の雑文等 会議・訪問記「電気学会・日本風力エネルギー学会合同研究会開催報告」, 風力エネルギー, Vol.39, No.2, p.267 (2015, 8).
○ その他の雑文等 新理事が語る風力エネルギー利用に向けた抱負「風力発電の裾野を増やすには」, 風力エネルギー, Vol.38, No.2, p.146 (2014, 8).
○ その他の雑文等 会議・訪問記「電気学会・日本風力エネルギー学会合同研究会開催報告」, 風力エネルギー, Vol.38, No.2, p.199 (2014, 8).
○ その他の雑文等 会議・訪問記「第35回風力エネルギー利用シンポジウム開催報告」, 風力エネルギー, Vol.37, No.4, p.490 (2014, 2).
○ その他の雑文等 巻頭言「風力発電の大量導入を可能にする系統技術の最前線」, 風力エネルギー, Vol.37, No.3, p.277 (2013, 11).
○ その他の雑文等 会議・訪問記「Wind Integration Workshop in Tokyo開催報告」, 風力エネルギー, Vol.36, No.3, p.407 (2012, 11).
○ その他の雑文等 会議・訪問記「第32回風力エネルギー利用シンポジウム参加報告 (第1日目: 基調講演)」, 風力エネルギー, Vol.34, No.4, pp.47-48 (2010, 5).
○ その他の雑文等 「平行線を巡る平行な議論(理事就任のご挨拶にかえて)」, 風力エネルギー, Vol.34, No.1, pp.15-16 (2010, 5).
○ その他の雑文等 会議参加・訪問記「EWEC2010『不』参加報告」, 風力エネルギー, Vol.34, No.1, pp.59-62 (2010, 5).
○ その他の雑文等 トピックス「風神雷神考今昔萬話」, 関西大学先端科学技術推進機構「技苑」, Vol.124 (2007, 3).
○ その他の雑文等 巻頭コラム「千里眼」,関西大学通信,340号 (2007, 1).
○ その他の雑文等 学界情報「EWEC 2006参加報告」, 電気学会論文誌B, Vol.126, No.8, pp.848 (2006, 8).
○ その他の雑文等 巻頭言「再生可能なエネルギー・持続可能な社会」,関西大学先端科学技術推進機構ニュース,125号 (2006, 6).
○ その他の雑文等 学界情報「UPEC 2005参加報告」, 電気学会論文誌B, Vol.126, No.3, pp.387 (2006, 3).
○ その他の雑文等 研究室紹介 関西大学工学部先端情報電気工学科電力システム研究室環境エネルギーグループ, 風力エネルギー協会誌, 28, 3, pp.76-83 (2004, 9).
○ その他の雑文等 先生の声「論理的思考を形成するには?」,関西大学教育後援会「葦」, 127号 (2004, 5).
○ その他の雑文等 「大学におけるe-ラーニングとは?」,私大教連おおさかニュース, 12月号 (2003, 12).
○ その他の雑文等 私のおすすめの本「美しくも官能的なロゴスの世界~ゲーデル・エッシャー・バッハ」,関西大学通信, 284号 (2000, 10).

特許等

no 特許等
no 特許等
○ 特許登録 安田: 風車ブレード用避雷システムを有する風力発電装置,特願2004-258646 (2004, 9, 6), 特開2006-70879 (2006, 3, 16), 特許登録4595086 (2010, 10, 1).
○ 特許登録 木村, 野沢, 雨宮, 関谷, 安田: 笑い測定方法及び笑い測定装置, 特願2007-308628 (2007, 11, 29), 特開2009-131362 (2009, 6, 18).
○ 特許登録 安田: 発電機及び風力発電機並びに風力発電方法, 特願2006-169084 (2006, 6, 19), 特開2007-336784 (2007, 12, 27).
○ 特許登録 安田: 発電機及び風力発電方法並びに水力発電方法, 特願2006-169079 (2006, 6, 19), 特開2007-336783 (2007, 12, 27).
○ 特許登録 安田, 大本(マザーズ): 自転車用人力発電機, 特願2006-112921 (2006, 4, 17), 特開2007-288909 (2007, 11, 1).
○ 特許登録 山崎(マザーズ), 安田: 太陽光・風力発電装置,特願2004-296826 (2004, 10, 8), 特開2006-105107 (2006, 4, 20).
○ 特許登録 安田: 永久磁石を用いた回転界磁型の同期発電機および風力発電装置,特願2004-277683 (2004, 9, 24), 特開2006-94645 (2006, 4, 6).
○ 意匠登録 安田, 大本(マザーズ): 風車用羽根,意願2005-25944 (2005, 9, 8), 意匠登録1274962 (2006, 5, 12).

(2019年3月現在)


このページの先頭に戻る