経済資料センター 利用案内


1 開室日

2 閉室日

3 開室時間

4 資料の利用について

5 資料の貸出について

6 資料の検索について

7 経済資料センターの場所

8 経済資料センター利用規則

9 林文書コレクション利用について




1.開室日
下記の閉室日を除く月曜日から金曜日

2.閉室日
土曜日・日曜日、祝日、毎月15日(土・日・祝日に当たる場合はその翌日)
4月1日−5日、創立記念日(6月18日)、8月中に10日間程度、年末年始(12月27日−1月4日)
入学試験期間
その他、必要に応じて休室することがあります。

3.開室時間
9:00−17:00

4.資料の利用について

所蔵資料についてはKULINE等で検索できます。
 KULINE上の表示 所蔵館:経調査 配置場所:調査資料室もしくは調査資料室移管 請求記号:資料室||...
林文書コレクションについてはKULINE等で検索できません。利用方法等については、こちらをご覧ください。

学内者:本学教職員、学生については身分証明証・学生証を持参の上、利用して下さい。

学外者
 他大学等の利用者:あらかじめ所属機関の図書館等を通じで資料の照会をしてください。利用の際には、身分証明証、紹介状等が必要になります。なお資料の閲覧のみで貸出は行っていません。

 一般利用者等:大学等に所属していない方も利用できます。その場合、身分証明書等を持参の上利用してください。利用の際にはなるべく事前に所蔵調査依頼書にてFAXもしくはe-mailにより当室まで資料の問い合わせをしてください。なお資料の閲覧のみで貸し出しは行っていません。
  所蔵調査依頼書(PDFEXEL、続紙:PDFEXEL

連絡先
経済学部経済資料センター
Tel:075-753-3416 Fax:075-753-3490 e-mail:chousa@econ.kyoto-u.ac.jp

5.資料の貸出について
    

(貸出冊数と期間)

経済学研究科・ 経済学部
経営管理大学院
公共政策大学院
身分 冊数 期間
専任教員 50冊以内 3ヶ月以内
非常勤講師、授業担当教員 20冊以内 1ヶ月以内
名誉教授、元教授、元助教授 10冊以内 1ヶ月以内
研修員 10冊以内 1ヶ月以内
大学院学生、職員 20冊以内 2ヶ月以内
学部学生、研究生 10冊以内 2週間以内
聴講生、科目等履修生 5冊以内 2週間以内
その他 経済学研究科・経済学部以外の教員、職員 10冊以内 1ヶ月以内
経済学研究科・経済学部以外の大学院学生および学部学生  5冊以内 2週間以内
経済学研究科・経済学部以外の研修員、研究生、聴講生、科目等履修生 3冊以内 2週間以内

*その他、細かい規定は利用規則をご覧下さい。


統計書(和書:16分類、洋書:BV分類)、産業連関表、白書、有価証券報告書総覧、雑誌、新聞縮刷版、OECDの一部の資料(統計書など)、20分類の資料(事典・辞典、書誌、名鑑類)については、当日のみ貸出可です。その他の資料については、利用規則をご覧下さい。

・マルチメディア資料については、貸出を行っていません。当室に設置されている端末を利用してください。(マルチメディア資料の利用について参照)

・有価証券報告書のマイクロフィルム版は、当室に設置されているマイクロフィルムリーダーを利用して下さい。

6.資料の検索について
 経済資料センターの所蔵資料はKULINEで検索することができます。その他、カード目録もあります。カード目録は経済資料センター、経済学部図書室、附属図書館にそれぞれ設置されています。当センターに設置されているカード目録には、著者・編者別カードと分類別カードがあり、アルファベット順に並んでいます。ただし、カード目録は2000年度までが対象です。
 KULINEで検索すると、当センターの資料は、所蔵館が「経調査」、配置場所が「調査資料室」もしくは「調査資料室移管」となっており、請求記号は「資料室」から始まっています。なお、当室では機械貸出を行っていませんので、資料が貸出中であるかどうかは画面上では確認できません。

7.経済資料センターの場所
法経東館地下1階

経済学部経済資料センター利用規則
経済資料センターの利用規則が詳細に定められています。

9.林文書コレクションについて
 林信太郎氏より寄贈された資料を経済資料センターで管理しています。詳細についてはこちらをご覧ください。