オンラインデータベース、電子ジャーナルの利用

1.オンラインデータベース

  ・GeNii[ジーニイ]:学術コンテンツポータル
 国立情報学研究所が2005年4月より本格運用を開始した学術オンラインデータサービスの総合ポータルサイトです。
 次のデータベースが収録されています。
  CiNii:NII論文情報ナビゲータ
  Webcat Plus
  KAKEN:科学研究費成果公開サービス
  Nii-DBR:学術研究データベース・リポジトリ

   JAIRO::学術機関リポジトリジャーナル    

   CiNii:NII論文情報ナビゲータ
  雑誌記事論文検索。引用文献索引データベース、研究紀要目次速報データベース、国立国会図書館作成の雑誌記事索引データベースが収録されています。一部の論文には本文へのリンクがあります。

   Nii-DBR:学術研究データベース・リポジトリ
  学会や図書館、研究などによって作成された専門分野の25のデータベースが利用できます。複数のデータベースの横断検索が可能となっています。経済学関係では、経済資料協議会作成による「経済学文献データベース」が収録されています。

   NDL-OPAC
 国立国会図書館の蔵書や雑誌記事索引を検索することができます。

  ・日経テレコン21
 新聞記事検索の利用が出来ます。収録誌は日本経済新聞、日経産業新聞、日経流通新聞、日経金融新聞(2008年1月まで)の四誌です。利用手続きを行い専用の端末で利用することができます。なお経済学部・経済学研究科所属者のみ利用可能となっています。

  ・日経NEEDS−FinancialQuest
 企業財務データ、株式データ、地域経済データを検索・ダウンロードすることができます。当室で利用する際には利用手続きを行い、専用の端末を利用してアクセスして下さい。(経済学研究科、経営管理大学院、公共政策大学院の構成員のみ利用可)

  ・OECDiLibrary
 1998年以降に発行されたOECDの刊行物をPDFファイルで利用することができます。統計データをダウンロードすることも出来ます。利用にあたって、IDやパスワードを入れる必要はありません。京都大学内の利用に限られます。

  ・eol
  上場企業の有価証券報告書の全文と財務データ、企業情報を検索・ダウンロードできるサービスです。従来のeol Tower Serviceを使いやすく機能を強化したデータベースになります。
 ログイン画面で、自動認証ログインボタンを押してください。IDやパスワードを入れる必要はありません。同時接続数は二つまでとなっていますので、IDパスワードの要求画面が表示された場合には、しばらくしてからアクセスするようにしてください。検索終了時には必ずログアウトして下さい。京都大学内での利用に限られます。
 このデータベースでは、以下のデータの利用ができます。
  ・有価証券報告書(1984年1月以降)PDF
  ・半期報告書(1997年以降)PDF
  ・決算単信及びその他の開示情報(過去1年分)PDF
  ・新規公開会社の目論見書及び訂正目論見書(2001年以降から)PDF

  ・財務データ(1989年1月決算以降)CSV
  ・企業情報

  ・CEIC China Premium Database
 中国経済に関するマクロ経済データを検索・ダウンロードすることができます。当室にて利用手続きを行い、専用の端末を利用してアクセスして下さい。利用者の範囲は、経済学研究科、経営管理大学院、公共政策大学院の教職員・大学院学生・研修生・研究生及び、東アジア経済研究センター関係者、東アジア経済研究センター長が特別に許可する者、です。


2.電子ジャーナル

  ・EBSCOhost
 外国雑誌のオンラインデータベースです。Business Source Elite,Sociological Collection,EconLitの3種類のデータベースが利用できます。京都大学内での利用に限ります。

  ・NACSIS-ELS
 国立情報学研究所が提供する電子図書館のサービスです。CiNiiで検索します。

  ・日経BP記事検索サービス・大学版
 日経BP社の雑誌記事が検索できるサービスです。学内のみ利用可。


以上のほか、附属図書館の提供するサービスがあります。

調査資料室のトップページに戻る