お電話でのお問い合わせはTEL. 075-753-3419

〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学経済学部内

東京支部 経済交流会

2021年新春経済交流会のご案内

京都大学経済学部学部長 江上 雅彦
京都大学経済学部同窓会東京支部長 相亰 重信

謹啓 師走の候、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は同窓会活動に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

本日は来年一月の新春経済交流会についてご連絡いたします。

例年は一月の土曜日に新春経済交流会を学士会館でゲストのご講演を聴き、その後ゲストの講師の方も交えて参加者で懇親を深める会を催してまいりましたが、今回は大変残念ではありますがコロナ禍の現状に鑑み下記要領にてオンライン開催(参加無料)といたしたく存じます。

今回は下記にありますように、本年初に「資本主義の新しい形」という書籍を出版されました諸富徹先生をお招きいたしますので、是非ご参加ください。

お申し込みにつきましては、次のフォーマットからお願いいたします。 申込期限は、2021年1月16日(土)とさせていただき、その後にZOOMの招待をお送りいたします。 お申込みは以下より可能です。
https://forms.gle/2yCVCy1AcecwFYM37

また、ご不明点等ございましたら東京支部常任理事 山内 賢 (mail (Office): s-yamauchi@minerva-japan.com)までご連絡ください。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

日時:2021年1月23日(土) 13:00-15:00 (90分の講演ののち30分質疑応答)
場所:オンライン開催 (ZOOM)
講師:京都大学大学院経済研究科/地球環境学堂 諸富 徹 教授
演題:「コロナ禍と資本主義の新しい形」

【講師略歴】
1968年生まれ。1993年同志社大学経済学部卒業。1998年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。1998年横浜国立大学経済学部助教授、2002年京都大学大学院経済学研究科助教授、2006年同公共政策大学院助教授、2008年同大学院経済学研究科准教授を経て、2010年3月から現職。この間に、内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官、ミシガン大学客員研究員、放送大学客員教授(放送授業担当主任講師)を歴任。2015年4月より、ミシガン大学グロティウス客員研究員(Michigan Grotius Research Scholar)、および安倍フェロー(以上、2016年3月まで)を務めた。2017年4月より、京都大学大学院地球環境学堂教授を併任。

【主要著書】
主著に、『環境税の理論と実際』(有斐閣、2000年:NIRA大来政策研究賞、日本地方財政学会佐藤賞、国際公共経済学会賞を受賞)、がある。他に、『環境〈思考のフロンティア〉』岩波書店(2003年)、『経済学〈ヒューマニティーズ〉』岩波書店(2009年)、『地域再生の新戦略』 (中公叢書、2010年:日本公共政策学会賞著作賞を受賞)、「『低炭素経済への道』岩波新書(共著、2010年)、『脱炭素社会とポリシーミックス』日本評論社(共編著、2010年)、『私たちはなぜ税金をおさめるのか‐租税の経済思想史』新潮選書(2013年:租税資料館賞を受賞)、『電力システム改革と再生可能エネルギー』日本評論社(共編著、2015年)、『再生可能エネルギーと地域再生』日本評論社(共編著、2015年)、『財政と現代の経済社会』(NHK出版、2015年)、『「エネルギー自治」で地域再生!−飯田モデルに学ぶ』(岩波ブックレット、2015年)、『人口減少時代の都市』(中公新書、2018年)、『資本主義の新しい形』(岩波書店、2020年)、『グローバル・タックス −国境を超える課税権力』(岩波新書、2020年11月)

2020年新春経済交流会のご報告

写真はこちらより。

第2回新春経済交流会は1月25日 (土)学士会館に塩地洋京都大学大学院教授、佐伯靖男立命館大学専門職大学院准教授を講師にお迎えし「地球環境とEV時代の到来を探る」の演題で講演及びパネルディスカッションを開催し、598名が参加した。

佐伯准教授はEV全般及び企業別動向、2030年にEV比率25%、航続距離350〜400km帯が中心になると話された。 塩地教授は普及が進むノルウェーと中国を例に電気を得るためにどれだけCO2を排出しているかが問題であると話された。 EV普及は電池の値段と性能が鍵でリチウムイオン電池はまだ発展途上とのことであった。

パネルディスカッションでは宇野輝特任教授 (東京支部長)がモデレーターとなりどこまでEVが普及するかなどについて講師の考えを伺った。 出席者全員で記念撮影ののち、新年会・交流会を開催し卒業年次を超えた交流を実施した。

報告者:東京支部常務理事 河毛正志

京都大学経済学部 同窓会

〒606-8501
京都市左京区吉田本町
京都大学経済学部内
法経済学部東館3階
コモンルーム東隣
TEL・FAX.075-753-3419
TELA 075-753-3508
事務局勤務時間:
10:00~16:00 (土・日・祝 休)
E-mailアドレス:
dosokai@econ.kyoto-u.ac.jp