京都大学経済学研究科「京大東アジア経済研究センター」

京都大学東アジア経済研究センター シンポジウム 韓国労働政策の現状と展望

2016.06.14公開 2017.11.01更新 [イベント ,お知らせ]

主催:京都大学東アジア経済研究センター

        シンポジウム

     韓国労働政策の現状と展望

 

2016年7月23日(土) 14時00分~

京都大学経済学研究科三番教室(みずほ講義室)

(法経済学部東館2階、経済学部事務室の隣)

趣旨

 朴槿恵政権は、経済の活性化に向けた4大改革(労働市場改革、公共部門改革、教育改革、金融改革)のなかでも、労働市場改革を最優先課題に位置づけて、推進してきた。しかし、賃金ピーク制と一般解雇ガイドラインの導入、就業規則変更要件の緩和などに関しては、労働組合や野党は強硬な反対運動を展開した。今年4月に行われた総選挙で与党セヌリ党は大敗したので、野党の協力なくしては、法案は一本も通らない状況で、来年の大統領選挙を迎えることになる。したがって労働市場改革の方向性は、韓国の政治・経済の今後の動向を左右する重要な争点であり続けるだろう。

 この問題意識から、今回のシンポジウムでは、盧武鉉政権時代に大統領諮問委員会委員を務め、労働政策担当のブレーンの役割を果たした金 炯基・慶北大学教授に、韓国労働市場改革の争点と今後の展望についてお話いただく。また、日本においても、労働法制度の改革をめぐって議論が続いている。労働法制度の日韓比較を専門として研究している安 周永・常葉大学講師には、両国の改革の方向性を比較して、その差異と共通性を明らかにしていただく。

 

司会  京都大学大学院経済学研究科東アジア経済研究センター長 宇仁宏幸  

14:00-14:10

挨拶:京都大学大学院経済学研究科 研究科長 教授文 世一 

14:10-15:40

講演:慶北大学経済通商学部 教授 金 炯基

「韓国労働市場改革の争点と展望」 (韓国語講演、通訳付き) 15:50-16:20

講演:常葉大学法学部 講師 安 周永

「労働市場改革の日韓比較」 (日本語講演)

 16:20-16:50   質疑応答

 16:50-16:55      閉会挨拶

17:00-18:30

懇親会   会場:京都大学経済学研究科B1みずほホール

開会挨拶 京都大学大学院経済学研究科教授/東アジア経済研究センター長 宇仁宏幸

参加希望者は東アジア経済研究センター(ceaes2010@yahoo.co.jp)までご連絡ください。 なお懇親会は参加料2000円を頂きます。(但しセンター支援会会員は無料です)