進化経済学会第11回大会 テーマ: 組織・制度の進化――新しい10年に向って

The 11th Annual Conference of the Japan Association for Evolutionary Economics

Kyoto University, March 24-25, 2007      New English Program

English Detailed Program  Tentative Translation by Mr. Georg Blind.

It contains some mistakes (e.g., the pronounciation of some Japanese names).

 The schedule is changed from this, Please see New English Program)

開催日時: 2007324日(土)・25日(日)

開催場所: 京都大学百周年時計台記念館国際交流ホール)

(京都市左京区吉田本町、京都大学吉田キャンパス、時計台のある建物の2階)

 大会のプログラムとスケジュールが下記のように決まりましたのでお知らせします。スケジュールは昨年11月にお知らせしたものからかなり変化しましたのでご注意ねがいます(315日に下記の訂正34が加わりました)。

 

2007216日に皆様にお送りしたCD-ROM版の『進化経済学論集』のファイルindex.htmに次のミスがありました。井出明会員の論文「観光学における進化モデルの試み」へのリンクの記述に誤りがあります。この論文を開くにはCD-ROMPDFという名前のフォルダ内にあるide.pdfというファイルをダブルクリックしてください。あるいは全論文集であるevoeco2007.pdfを開いて254-259ページをご覧ください。

 

新プログラム(訂正1: ポスター・セッション報告で次の1件が抜けておりましたので追加しました。吉地望ほか「地域通貨流通網と地理的制約について」。)

          (訂正2: 25日の午後にある「セッション(9)経済変動への進化経済学的アプローチ」の司会者は、池田毅会員になりました。)

          (訂正3: 青木昌彦さんの講演は13時〜1415分になりました。会員総会は1030分〜1130分に行います。

また25日の午後のセッション全体が30分後ろにずれます。開始は1430分です。)

          (訂正4: 24日の午後にある「セッション(3) 社会経済の進化」は会議室IVで行います。

「セッション(16) 制度・進化の経済学と選択理論」は会議室IIで行います。)

    (訂正5: 25日午後の「自由論題セッション」の逸見彰彦会員の報告は中止となりました。)

     (訂正6: ポスターセッションのA「合理的行動からの自生的コミットメント関係の成立」の報告者名と所属の一部に誤りがありました。次のように訂正します。「川村哲也(京都大学(院))・舛本現(京都産業大学(PD))・小林洋平(京都産業大学(PD))」)

新スケジュール

 

11回進化経済学会大会運営委員会

     委員長:吉田和男(京都大学)yosida@econ.kyoto-u.ac.jp 

    事務局長:宇仁宏幸(京都大学)uni@econ.kyoto-u.ac.jp

   大会ホ−ムページ http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/~uni/11thmeeting.html