宇仁宏幸home pageへようこそ 最終更新日 : 2017327

 写真(20093)  ゼミ13周年パーティ   写真(20081)  ゼミ生、OBと熱海旅行 写真(2007年秋) ゼミ生たちと

  宇仁宏幸のプロフィール

学部ゼミナール

学部ゼミホームページ 2011年度までのゼミの活動記録、報告pptファイルなど。2012年度以降はゼミ生限定サイトに移行)

研究活動

    著書

    論文(論文非掲載データ含む)

    その他の著作、翻訳

    学会報告

研究会のお知らせ

  進化経済学会制度と統治部会(4月4日)

 

出版のお知らせ

Uni, Hiroyuki (ed.) Contemporary Meanings of John R. Commons’s Institutional Economics: An Analysis Using Newly Discovered Manuscript, 2017, Springer (I wrote Preface and the following two chapters; Scope of John R. Commons’s Criticism of the Classical Theory of Value: Progress and Limitations in the 1927 Manuscript, The Theoretical Connection Between John R. Commons and Regulation and Convention Theories (with Nakahara, T.)) Publisher’s site: http://www.springer.com/jp/book/978981103201

植村博恭・宇仁宏幸・磯谷明徳・山田鋭夫編著『転換期のアジア資本主義』藤原書店、20144月刊(第4章と結語を執筆)

松久寛編著『縮小社会への道──原発も経済成長もいらない幸福な社会を目指して』日刊工業新聞社、20125月刊(第7章「日本経済の縮小」と第8章「日本の社会保障の縮小」を執筆)

Boyer, R., Uemura,H. and Isogai, A. (ed.) Diversity and Transformations of Asian Capitalisms, Routledge, 2012. (Chap. 5 Increasing Wage Inequality in Japan since the End of the 1990s: An Institutional Explanation と、Chap. 15 Comparative Analysis of Conditions for Monetary Integration: Europe and Asiaを執筆)

宇仁宏幸・山田鋭夫・磯谷明徳・植村博恭『金融危機のレギュラシオン理論:日本経済の課題』昭和堂、20113月刊

宇仁宏幸『制度と調整の経済学』ナカニシヤ出版、20096

M・ラヴォア著、宇仁宏幸・大野隆訳『ポストケインズ派経済学入門』ナカニシヤ出版、2008年7月刊

P.A.ホール・D.ソスキス編著、遠山弘徳ほか訳『資本主義の多様性』ナカニシヤ出版、2007年7月刊

B.シャバンス著、宇仁宏幸・中原隆幸・斉藤日出治訳『入門・制度経済学』ナカニシヤ出版、2007年4月刊

山田鋭夫・宇仁宏幸・鍋島直樹編著『現代資本主義への新視角---多様性と構造変化の分析』昭和堂、2007年1月刊

B.テレ・J.C.バルビエ著、宇仁宏幸・中原隆幸・神田修悦・須田文明訳『フランスの社会保障』ナカニシヤ出版、2006年4月刊

宇仁宏幸・坂口明義・遠山弘徳・鍋島直樹『入門・社会経済学』ナカニシヤ出版、2004年4月刊

八木紀一郎・宇仁宏幸『資本主義のしくみ』ナツメ社、2003年4月刊

 

リンク

  大阪産業労働資料館

  レギュラシオン・レター

  大阪哲学学校

電子メール アドレス、Webアドレス

uniアットマークecon.kyoto-u.ac.jp

www.econ.kyoto-u.ac.jp/~uni/research.html

 

最初に戻る