論文(特記なしはすべて単著。新しい順から。一部はダウンロード可。論文非掲載データ含む)

 

Hiroyuki Uni, "Scope of John R. Commons’s Criticism of the Classical Theory of Value: Progress and Limitations in the 1927 Manuscript" (in Uni, Hiroyuki (ed.) Contemporary Meanings of John R. Commons’s Institutional Economics: An Analysis Using Newly Discovered Manuscript, 2017, Springer, pp. 3-26. (査読なし)

 

Hiroyuki Uni and Takayuki Nakahara, “The Theoretical Connection Between John R. Commons and Regulation and Convention Theories” (in Uni, Hiroyuki (ed.) Contemporary Meanings of John R. Commons’s Institutional Economics: An Analysis Using Newly Discovered Manuscript, 2017, Springer, pp. 141-163.(査読なし)

 

徳丸夏歌・宇仁宏幸「労資はいかに生産成果を分配するか──経済実験によるアプローチ」『季刊経済理論』第52巻第4号、pp.78-89, 20161月 (査読あり)

 

宇仁宏幸・徳丸夏歌「労働過程の変容と公平性理念の変化──経済実験によるアプローチ」『季刊経済理論』第52巻第2号、pp.77-87, 20157月 (査読あり)

 

Hiroyuki Uni, "Augmentation des inégalités salariales au Japon depuis la fin des années 1990. Une explication institutionnelle (in Boyer, R., H. Uemura and A.Isogai (ed.) Dapitalismes asiatiques: Diversité et transformations, Press Universitaires de Rennes, 2015, pp. 119-138)

 

Hiroyuki Uni, "Analyse comparative des conditions nécessaires à l’intégration monétaire. Europe et Asie. (in Boyer, R., H. Uemura and A.Isogai (ed.) Dapitalismes asiatiques: Diversité et transformations, Press Universitaires de Rennes, 2015, pp. 361-384)

 

宇仁宏幸「先進諸国における1980年代以降の雇用構造変化──サービス化と管理・専門職化」『季刊経済理論』第51巻第4号、pp.34-45, 20151月 (査読なし)

 

宇仁宏幸「J.R.コモンズの累積的因果連関理論――『制度経済学』と1927年草稿の比較分析」『季刊経済理論』第51巻第2号、pp.77-88, 20147月 (査読あり)

 

「アジアにおける共同的な為替レート調整の可能性――グローバル経常収支不均衡をふまえて」植村博恭・宇仁宏幸・磯谷明徳・山田鋭夫編著『転換期のアジア資本主義』藤原書店、20144月所収、pp.135-162

 

「結語」(植村博恭と共著植村博恭・宇仁宏幸・磯谷明徳・山田鋭夫編著『転換期のアジア資本主義』藤原書店、20144月所収、pp.473-487

 

J.R.コモンズの累積的因果連関論」『進化経済論集第17集』、pp.1-1720143月。

 

J.R. Commons' Theory of Cumulative Causation: Comparative Analysis of Institutional Economics and Its Manuscript in 1927, Paper for European Association for Evolutionary Political Economy 2013 Conference, pp.1-30, November 7-9, 2013.

 

「転換期のアジア資本主義」『季報唯物論研究』第125号、pp.22-33201311月。

 

J.R.コモンズの取引概念と価値論」『経済論叢』第187巻第1号,pp.1-1620137月。

 

「コモンズの取引概念の形成―交渉取引と管理取引との複合性を中心に」『進化経済論集第17集』、pp.1-1420133月。

 

「経済成長と温室効果ガス排出の関係──累積的因果連関モデルによる分析」『季刊経済理論』第49巻第3号、pp.79-89, 201210月 論文非掲載データ ダウンロード

 

「『資本論』における賃金論──相対的窮乏論からの脱却を中心に」『季報唯物論研究』第120号、pp.120-3320128.

 

「日本経済の縮小」松久寛編著『縮小社会への道』日刊工業新聞社、20124月所収、pp.169-192.

 

「日本の社会保障の縮小」同上書所収、pp.193-214.

 

「経済成長と温室効果ガス排出量との関係─累積的因果連関モデルによる分析」『進化経済学論集』第16集、20123月、pp1-16.

 

Economic Growth and Greenhouse Gas Emissions: An Analysis Using a Cumulative Causation Model, Paper for European Association for Evolutionary Political Economy 2011 Conference, at Tech Gate Vienna, pp.1-33, October 27-30 2011.

 

Increasing Wage Inequality in Japan since the End of the 1990s: An Institutional Explanation, in Boyer, R., Uemura,H. and Isogai, A. (ed.) Diversity and Transformations of Asian Capitalisms Routledge, 2012, pp.90-106.

 

Comparative Analysis of Conditions for Monetary Integration: Europe and Asia, in Ibid. pp.287-307.

 

The Financial-led Regime in the United States: a Fundamental Dilemma in Cumulative Causation, The Review of Social & Economics Studies, Vol.37, No.2, 2011 Nov. pp.66-106.  PDF ファイル ダウンロード

 

「アメリカの金融主導型成長体制─累積的因果連関における根本的ジレンマ」『経済論叢』第184巻第4号、pp.37-5320104.

 

Growth Regime in the United States in the 2000s: Focusing on the Slowdown in the Real Side of Economy, Paper for The 2011 International Conference of the Korean Association for Political Economy, April 14-15, 2011 at Kyungpook National University, Daegu, South Korea.

 

累積的因果連関と構造変化──カルドアとパシネッティに基づく成長モデル」『季刊経済理論』第48巻第1号、pp.72-8220114.

 

「累積的因果連関と構造変化──2000年代アメリカの成長体制の分析」『進化経済学論集』第15集、20113. 

 

「マルクスにおける制度と調整」八木紀一郎ほか編『進化経済学の諸潮流』日本経済評論社、200111月所収、pp.93-119.

 

Growth Regime in the United States in the 2000s, Paper for European Association for Evolutionary Political Economy 2010 Conference, at University Montesquieu Bordeaux IV, pp.1-33, October 28-30 2010.

 

Cumulative Causation and Structural Change: A Growth Model along Kaldor-Pasinetti Lines, Paper for International Conference on Production and Distribution: to celebrate 50 years anniversary of the publication of Production of Commodities by Means of Commodities, at Meiji University, pp.1-33, September 4-6 2010.

 

「女性の就業率低下と男女平等意識との関係」『箕面市民の人権に関するアンケート調査報告書』、pp.IV-10-1420103.

 

「日本に必要な社会単位の調整強化」『エコノミスト』2010126日号、pp.48-51.

 

2000年代における日本とアメリカの成長体制」『経済理論学会第57回報告集』、pp.1-19, 200911.

 

NTT西日本の構造改革」『大阪社会労働運動史』第9巻第1章第33pp.64-77200911.

 

IT化と電機産業の変化」『大阪社会労働運動史』第9巻第1章第32pp.50-64200911.

 

「日本製造業における労働過程の変化」『季報唯物論研究』第109号、pp.51-6020098.

 

「後期マルクスの賃金動学」『経済論叢』第183巻第3号、pp.33-4620097.

 

「通貨統合の諸条件の比較分析(1)」『経済論叢』第181巻第56号、pp.33-46200856.

 

「通貨統合の諸条件の比較分析(2)」『経済論叢』第182巻第3号、pp.1-1520089.

 

Increasing Wage Inequality in Japan since the End of 1990s: An Institutional Explanation, The Kyoto Economic Review, Vol.77, No.2, pp.79-105, 2008.12.  PDF ファイル ダウンロード

 

IT化・グローバル化と賃金格差拡大との関連」『季刊経済理論』第46巻第1号、pp.71-8220094.

 

「日本製造業における企業内・企業間分業構造の変化――非正規労働補完説批判」『進化経済学論集』第13集、20093

 

Wage Inequality in a Global Knowledge Economy: A Case Study of Japan, The 20th EAEPE Annual Conference of European Association for Evolutionary Political Economy, at University of Rome Tre, Nov. 2008.

 

IT化・グローバル化と賃金格差拡大との関連」『経済理論学会第56回報告集』、pp.1-19, 200810

 

Comparative Analysis of Conditions for Monetary Integration: Using the Eurostat I-O Tables and the Asian International I-O Tables, Papers for LE NEUVIEME COLLOQUE FRANCO-JAPONAIS DECONOMIE EN COMMEMORANT CENT-CINQUANTIEME ANNIVERSAIRE DIU TRAITE DAMITIE ET DU COMMERCE ENTRE LA FRANCE ET LE JAPON, pp.1-17, Sep. 2008.

 

Wage Inequality in a Global Knowledge Economy: A Case Study of Japan, Paper for the International Conference on Japanese Capitalism Evolving with Asian Economic Integration, pp.1-21, Aug. 2008 PDFファイルダウンロード

 

「小泉「構造改革」と所得格差拡大」『生活経済政策』第138号、pp.28-3220087.

 

「日本における賃金格差拡大とその要因」『季刊経済理論』第45巻第1号、pp.20-3020084.

 

Changes in Employment Structure and Rises in Wage Inequality in Japan, Proceedings of the International Conference on Public Employment Service Policies and Perspectives, pp.123-164, (Elysee Hall, 63 Building, Seoul, Korea, 31 March 2008) PDFファイルダウンロード

 

「ミュルダールとカルドアの累積的因果連関論の展開」『進化経済学論集』第12集、20083月 PDFファイルダウンロード

 

Export-biased Productivity Increase and Exchange Rate Regime in East Asia, The Kyoto Economic Review, Vol.76, No.1, pp.117-138, 2007.6.  PDF ファイル ダウンロード

 

「賃金の不平等化と労働制度の変化」『現代思想』20077月号、pp.166-176.

 

Growth Regimes in Japan and in the Unites States in the 1990s, Revue de la Regulation, No.1, pp.1-20, 2007.6.  PDFファイルダウンロード

 

1990年代における日本と米国の成長体制」『進化経済学論集』第11集、pp.641-66020072. PDFファイルダウンロード

 

90年代日本と米国の構造変化と資本蓄積」山田鋭夫、宇仁宏幸、鍋島直樹編著『現代資本主義への新視角――多様性と構造変化の分析』昭和堂、pp.117-13820071

 

「ウォン・円・人民元為替レートと北東アジア通貨協力」(梁峻豪と共著)『毎日経済東京フォーラム報告集』毎日経済新聞社, pp.96-101, 20069.

 

「コア・コンピタンス: シャープ液晶ディスプレイ事業の事例」、進化経済学会編『進化経済学ハンドブック』共立出版、pp.330-31, 20069.

 

「雇用と賃金の男女格差」、箕面市人権文化部『平成18年度男女協働参画フォーラム報告書』、pp.14-18, 200610.

 

「日本とフランスの社会保護システムの比較」、JC・バルビエ/B・テレ著『フランスの社会保障システム』ナカニシヤ出版、20064月、訳者による補遺、pp139-150

 

「雇用制度と金融制度の補完性とマクロ経済学的安定性」『経済論叢別冊 調査と研究』第31号、200510月、pp.1-14

 

「生産性変化率格差デフレーション」『アソシエ21ニューズレター』No.81200510月、pp.6-8

 

「書評 磯谷明徳著『制度経済学のフロンティア』」、『進化経済学会ニューズレターNo.18pp.5-820057月。

 

「大野隆氏の書評に答える」、『季刊経済理論42巻第2号、pp.115-11720057月。

 

「東アジアの輸出主導型成長と為替体制、(1)(2)」(宋磊と梁峻豪と共著)、『経済論叢』、(1)174巻第56号、pp.1-15(2)175巻第1号、pp.1-1620041112-20051月。

 

「バブル崩壊後の日本、スウェーデン、ノルウェーの比較」、『経済理論学会年報40集、pp.19-30200310月。

 

「制度的補完性とマクロ経済的安定性」、『国際シンポジウム New Paradims of Political Economy in the Era of Globalization and Information Technology 報告集』、pp.169-18120037月。

 

「韓国と中国の輸出主導型成長‐カルドアの視点から、(1)(2)」(宋磊と梁峻豪と共著)、『経済論叢』、(1)172巻第1号、pp.1-20(2)172巻第2号、pp.77-9420037-8月。

 

Uni Hiroyuki, Song Lei and Yang Jun-Ho  "On exported led growth in Korea and China - From a Kaldorian viewpoint", Journal of Regional Studies, Vol.11-1, pp.25-59, 2003.June

 

「現代資本主義におけるアソシエーション的調整」田畑稔、大藪龍介、白川真澄、松田博編著『アソシエーション革命へ』社会評論社、pp.169-19620033

 

「ネグリの非物質的労働概念について」『現代思想』20032月号、pp.119-129.

 

On the Export-led Growth in China and Korea’(宋磊と梁峻豪と共著)『International Symposium on Comparative and International Analysis of Economic Integration報告集』20032月。

 

1990年代における日本の産業と雇用の構造変化」200212月、『日本韓国国際シンポジウム「東アジア経済の現状と構造改革」報告集』、pp.126-140

 

「日本経済の低成長の原因――産業と雇用の構造変化の国際比較による分析」、『経済理論学会年報誌』第39集、pp.167-182200210月。

 

「シャープにおける液晶ディスプレイ開発」、中岡哲郎編著『戦後日本の技術形成』日本経済評論社、pp.95-12520022月、

 

「機械と労働の新しい構図のために」『現代思想』20014月号、pp.142-151.

 

「日本経済の不安定化とジェンダー構造」、竹中恵美子編『労働とジェンダー』明石書店、所収、20013月、pp.55-73.

 

「資本主義の市場調整パターンのゆくえ」『アソシエ』第4号、200010月、pp.37-46.

 

「先進諸国の市場調整パターン」『経済論叢』第165巻第12号、20001月、pp.18-39.

 

'Disproportionate Productivity Growth and Accumulation Regimes,' in Yamada, T. and Boyer, R. (ed.), Japanese Capitalism in Crisis, Routledge, 2000.May pp.54-70.

 

「賃金のフレキシビリティとマクロ経済の不安定化」、『わが国の産業経済に関する研究』大阪産業大学産業研究所、20003月、pp.39-61

 

「賃労働関係制度とイノベーションプロセス」、『制度の政治経済学の体系化』科学研究費補助金研究成果報告書、19994月、pp.171-92.

 

 「戦後日本の構造変化と資本蓄積」、山田鋭夫/R・ボワイエ編『戦後日本資本主義』藤原書店、19992月、所収 pp.153-177

 

 「レギュラシオンをともなう資本蓄積モデル」『大阪産業大学論集:社会科学編』104号、19972, pp.135-53.

 

 「構造変化と蓄積体制」『大阪産業大学産業研究所所報』第19号、199611, pp.53-65.

 

 「日本の輸出主導型成長」『経済理論学会年報』第32集、19959, pp.90-105.

 

 「消費様式変化と生産の有機的構成」『経済理論学会年報』第30集、19939, pp.139-53

 

 「日本の蓄積体制と就業構造変化」、竹中恵美子編『グローバル時代の労働と生活』ミネルヴァ書房、19937月、所収

 

 「戦後日本の労働生産性と所得分配」『経済学雑誌』9334号、199211

 

 「労働過程の社会的調整の諸形態」『季報唯物論研究』112号、19926

 

 「日本製造業における労働のフレキシビリティ」『経済論叢別冊 調査と研究』2号、19924

 

 「戦後日本の蓄積体制」『経済学雑誌』9256号、19923

 

 「情報処理・通信技術の経済的影響」大阪市立大学大学院修士論文、19921

 

 「戦後日本資本主義とフォーディズム」『経済評論』4011号、199111

 

 「『資本論』と素材的支配の展開形態」『季報唯物論研究』934号、19909

 

 「資本の素材的支配力」『季報唯物論研究』912号、198911

 

最終更新日 : 2015.7.1