授業計画

eマーケティング(同志社大学大学院)

eマーケティングの世界の変化は激しく新しい技術・新しい消費者行動・新しい社会をつくりだしています。本授業では、最新の動向について分担してとりあげ、プレゼンテーションしてもらい、討論します。

10/2 授業の説明
10/9 講義(1)
10/16 講義(2) 
10/23 講義(3)
10/30 Google 白水
11/6 YouTube 夏
11/13 ヤフー リ
11/20 CGM キュウ
12/4 amazon 金
12/11 セカンドライフ リュウ
12/18 Web2.0 アンドリュー
1/8 
1/15 


『顧客志向のマス・マーケティング』(単著)

若林靖永『顧客志向のマス・マーケティング』、単著,同文舘,2003年9月10日,298ページ。
book2.gif

 本書は、まずマーケティングの定義、本質について考察し、「顧客志向」に注目した。つぎにマーケティングの歴史的発展の中で「顧客志向」を位置づけ,1950年代アメリカでの「マーケティング・コンセプト」論の動向、GE社の分権制と顧客志向の関係を明らかにする事例研究をすすめる。最後に、事例研究を通して「顧客志向」の現代的類型分析を行なう。

第8回(2004年度)日本流通学会賞 受賞

〈目次〉
 序 章 研究課題
第1部 マーケティングの定義と顧客志向
 第1章 マーケティングの定義をめぐって
 第2章 顧客志向の本質と類型
 第3章 成立期マーケティング学説における顧客志向
第2部 マーケティング・コンセプトの成立
 第4章 顧客志向と利益志向
 第5章 マーケティング・コンセプトと経営組織
 第6章 GEにおける事業部制とマーケティング・コンセプト
 第7章 GEにおけるマーケティング・コンセプトとマネジメント・コントロール
 第8章 ウェルチ時代のGEにおける戦略転換と顧客志向の限界
第3部 顧客志向の現代的諸類型
 第9章 市場創造型のマス・マーケティング −日本マクドナルド−
 第10章 仮説検証型のマーケティング −セブン-イレブン・ジャパン−
 第11章 声を聴く型のマーケティング −コープみやざき−
 第12章 顧客協働型のマーケティング −ちばコープ−

作成中です。

当ページは現在作成中です。随時公開していきます。