京都大学生活協同組合理事長に就任しました

2014年3月に、京都大学生協前理事長の川添信介・京都大学大学院経済学研究科教授が文学研究科長に就任されるのに伴い、これまでの副理事長から理事長に選出されました。それ以降、理事長を務めています。

2015年5月27日に開催された通常総代会で、生協専務理事が中森一朗さんから中島達弥さんに交代しました。信任の中島専務理事とともに京大生協の事業と活動のマネジメントに取り組んでいきます。よろしくお願いします。

15/05/27

次期京都市観光振興推進計画(仮称)策定委員会・国内部会

次期京都市観光振興推進計画(仮称)策定委員会・国内部会
国内部会の副座長に就任。

 京都市では,平成20年の入洛観光客数が5021万人を数え,目標年次より2年早く「5000万人観光都市」を実現したことを踏まえ,平成21年6月に「次期京都市観光振興推進計画(仮称)策定委員会」を設置し,京都観光の新たな目標や,それを実現するための道筋を明らかにする「次期京都市観光振興推進計画(仮称)」の策定を進めている。

京都市環境にやさしいライフスタイルを考える市民会議

京都市環境にやさしいライフスタイルを考える市民会議が2008年に設立された。
第5回同会議が会議が平成21年11月24日に開催され、これまで2回開催された3グループ会議の報告、提言骨子案の検討を行い、今後市民意見募集をすすめることを確認した。

京都市における商店街の振興に関する条例(仮称)検討委員会

京都市における商店街の振興に関する条例(仮称)検討委員会

委員長に就任。
京都市では,商店街の振興を通じた地域の発展と市民生活の向上を図るため,「京都市における商店街の振興に関する条例(仮称)検討委員会」を設置し,「京都市商店街の振興に関する条例(仮称)」の制定に向けて,具体的な審議を進めているところです。
12月8日に第4回検討検討委員会が開催され、「京都市商店街の振興に関する条例(仮称)」骨子案における市民意見の募集結果をふまえて、「京都市商店街の振興に関する条例(仮称)」骨子案を最終決定した。

2009年度京都市伝統産業活性化推進審議会

平成17年10月に制定した「京都市伝統産業活性化推進条例」に基づき,伝統産業の活性化の推進に関する事項について,「京都市伝統産業活性化推進審議会」が平成21年11月17日(火)に開催された。
 本審議会で新たに会長に柿野欽吾 京都産業大学経済学部教授が選出され、新会長より若林靖永が副会長に指名された。

日本マーケティング協会関西支部 マスターコース合同総会

日本マーケティング協会関西支部 マスターコース合同総会
 2009年11月2日(月) 堂島ホテル

関西支部でマスターコースがスタートして現在9期生までになっており、今回初めてOBが集まり合同総会が開催された。アカデミックアドバイザーとして参加。

2009年度日本生活協同組合連合会関西地連 公開研究会講演

2009年度日本生活協同組合連合会 関西地連 公開研究会開催のご案内
 関西地連事業政策委員会主催
日時 2009年7月23日(木)13:00~15:00
場 所 新大阪江坂東急イン

講演「世界同時不況下でもうかる生協事業?」
 講師 京都大学経営管理大学院教授 若林靖永氏

UMPC Forum 2009 講演

ネットブックの企業向けソリューションを提案するイベント「UMPC Forum 2009」が丸紅インフォテック株式会社により、東京都の丸紅本社ビルにおいて2009年5月27日に開催された。
そこで“大学における基礎的情報教育等の状況と大学必携PCの取り組み状況”と題した講演を行った。

詳細は下記のホームページを参照。
UMPC Forum 2009