京都大学経営管理大学院

京都はいまサクラが見事だ。

今日、京都大学は入学式が行われました。

その中にはこの4月に開設された京都大学経営管理大学院の入学式もありました。



京都大学大学院経済学研究科・経済学部の経営学関係のスタッフはここ数年経営管理大学院(MBAコース)の開設についての検討・準備をすすめてきました。新しい教育組織をつくる理想と現実ということもあり、紆余曲折がありましたが、工学研究科・情報学研究科とのジョイントで、経営管理大学院(専門職)を設置することができました。



経営学はビジネス、マネジメントについての理論研究というアカデミックなものであると同時に、現実のビジネス、マネジメントの諸課題の解決に貢献することが求められるという実践的なものでもあります。現実の企業・組織との連携・共同なしに研究の発展もありません。企業・組織の経営者や従業員の問題意識・疑問というのが研究の着眼点につながったり、その疑問に答えるのが研究の意義の一部だったりもします。このような意味で、マーケティングを研究する私は、企業・組織との連携をさらにするめる必要性を感じていました。



グローバル化が進み、メガ・コンペティションと呼ばれる、これまでのやり方・考え方が通用しなくなるような時代状況の中で、企業・組織を活性化させるリーダーの育成が緊要な課題となっています。経営学を教育研究するものとしての社会的使命として、こういう新しい時代に求められるリーダーの養成に貢献することが大事だとも考えています。経済・経営系卒の学生のみならず、理工系出身の学生、留学生、さらには企業での社会人経験豊富な社会人、さらには企業経営者など、多様なバックグラウンドを持つ院生が入学してきました。彼らに学びながら、彼らに刺激されながら、それに応えられるよう、論理思考と実際的なコミュニケーション力を養成する「マーケティング教育」をすすめていきたいと考えています。



京都大学経営管理大学院について詳しくはhttp://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/index.html

06/04/07 : Comment(0) : TrackBack(0)

時雨殿

甥っ子がこの4月に小六になった。そこで妹と相談して初めての一人旅をアシストすることに。

といっても名古屋駅で妹が息子を送り出し、京都駅で僕が待ちかまえるということで、たいした一人旅ではないのだが・・・



1日目は京都駅ビルを見学してから、岡崎へ。伝統産業ふれあい館、平安神宮、神苑を見学した。まだサクラには早く残念だったが、神苑は古き京都をしのばせる風情があった。2日目はあいにくの雨、嵐山に新しく完成した小倉百人一首テーマ施設「時雨殿」を訪問し、その後、京都大学を訪問し、総合博物館で特別展示中の火星3D展を見る。



時雨殿には初めて訪問したが、子どもにも楽しめる工夫があった。

Nintendo DS(携帯ゲーム機)を利用して、床がパネルで映像が出る空間で、インタラクティブに百人一首を合わせたり、京都上空見学をしたり、楽しめる。

最新のハイテク技術の活用が見られる。

ITを活用して教育とエンタテインメントを結びつけるコンセプトに「エデュテインメント」というものがあるが、それがめざされていて面白い。



残念な面もあった。百人一首は古いものからやや新しいものまでいろいろな時代の歌が収録されている。ひとつひとつの歌には時代や文化、生活、日本人のこころが詠まれている。こうしたことを味わい、学び、感動するといった仕掛けにはとぼしかった。関連図書やミュージアムグッズの販売もなく、せっかく好奇心を持った人たちの知的好奇心を満たす準備もまだできていなかった。



歌を通じて日本を知る、そんなミュージアムとしてさらなる発展を期待したい。



http://www.shigureden.com/




06/04/02 : Comment(0) : TrackBack(0)