東京国立博物館 興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」

東京国立博物館 興福寺創建1300年記念「国宝 阿修羅展」 平成館 2009年3月31日(火)~6月7日(日)

5月9日に鑑賞。
興福寺で阿修羅は数回見てきたものの、これまではなにも見てこなかったのだという感動を受けた。
八部衆像(8体)と十大弟子像(現存6体)の全14体をすべてをしっかりと見れたことも良かったが、阿修羅像が置かれている部屋に入った瞬間、目を奪われた。
照明が360度影をつくらないように当てられ、周りは暗くなっており、そこに浮かぶように阿修羅像があった。360度回ってみることができ、初めて3つの顔それぞれをじっくり見ることもできた。
見せ方、演出がこれだけの価値を生み出すということに驚いた。
加えて黒木瞳のオーディオガイドもとても素敵だった。
現代の私たちに、その価値を伝える新しい博物館のあり方、魅力をアピールしたすばらしい展示だった。

09/05/10 : Comment(0) : TrackBack(0)