10月9日深夜の奇跡

さて、twitterを初めてすぐに起こった奇跡。
昔からmacintoshファンだった僕はジャーナリストの林信行さんの記事が好きだった。
その後もネットでいろいろな分野の情報を切り取ってきてくれるのを結構追っかけていた。
twitterを始めたらそこに林信行さんがなんと全力でつぶやいていた(笑)。
その行動スタイルたるや、とにかく「会議に遅刻する」とか「出口間違えた」とか「これからどこで飲もうか」とか、もうつぶやきまくっている。

で、その林さんが京都に仕事に来るとつぶやいた。
ふ〜んそうなんだとそのときは思っただけ。
そして仕事の後、林さんが「どこのバーに行こうかな」とつぶやいてそれに答えるようにいくつかのバーの提案があった。
それを見て、ああみんなも提案しているなら僕も自分のお気に入りのバーを紹介しようとつぶやいた。
で、少ししたら、な、な、なんと林さんはなぜか僕のすすめたバーに向かうと言う。
このバーは看板も出ていないので見つからない。林さんが「見つからん」と地図示してつぶやいている。
もう、これはヤバイということで、バーの主人に電話して、これこれこういうことで林さんが行くから頼む、とお願いして、それから奥さんにゴメン、これこれこういうことで今から接待してくると頼んで。
ほぼその頃が零時前後。
で車で移動してバーへ。
林さんと初めてお会いしました。
いろいろな話を伺い、さらにバーの主人とも話がはずみ、深夜3時まで。
もうこれは奇跡の一日だと思ったのでした。

twitterおそるべし。

09/10/13 : Comment(0) : TrackBack(0)

« Twitter 始めました | メイン | 「愛と美の女神 ヴィーナス ーギリシア神話から現代へー」 »