京都大学大学院経済学研究科付属プロジェクトセンター

2020年9月9日(水) 「経済動学研究プロジェクト(プロジェクトリーダー・佐々木啓明教授)」において,「Graduate Workshop on Economic Dynamics(経済動学・院生ワークショップ)」が開催されました

2020年12月08日

佐々木啓明教授が主催する「経済動学研究プロジェクト」において,2020年9月9日(水)にオンライン形式により「Graduate Workshop on Economic Dynamics(経済動学・院生ワークショップ)」が開催され,学内外の大学院生および研究者を合わせて44名が参加しました.本ワークショップでは,大学院生5名が研究報告を行い,大学院生・ポスドク・若手研究者の5名が各研究報告の討論者を担当しました.(詳細なプログラムはポスターをご参照ください.)

本プロジェクトでは,多様な学派の経済理論を前提として,現実の経済社会の本質を的確に捉える新しい経済理論の構築を目指して研究に取り組んでいます.その一環として,本研究科および他大学の大学院生が,経済成長・労働・金融などの多岐にわたるマクロ経済学に関連する研究報告を行い,研究報告を通じて,論文の改善および研究能力の向上を図りました.また,各研究報告において,大学院生・ポスドク・若手研究者が討論者となる討論の時間を設け,他者の研究に対する討論能力の向上を図りました.若手からベテランにわたる幅広い参加者からも,各研究報告に対して数多くの質問やコメントが出るなど,活発に議論が交わされ,有意義なワークショップとなりました.今後もこのような,経済学研究の将来を担う若い研究者が研究報告や討論などの技能を磨く機会や,多様な学派の研究交流の場を提供していきたいと思います.

なお,本ワークショップは,本研究科公認セミナーシリーズの「経済動学セミナー」と共催しました.

 

当日プログラム


 

 

 

 

 

 

ページの先頭に戻る