トップ     メンバー     研究成果     研究会     BBL

ランチタイム・ワークショップ(略称: BBL)

次回開催予定

第140回:10月10日(水)

報告者 橋爪亮(京都造形芸術大学 通信教育部 非常勤講師)
タイトル TBA

時間と場所

時間 12:00 - 13:00
場所 法経東館(旧称:法経総合研究棟)1階 107演習室

今後の予定

第141回:10月24日(水)

報告者 TBA
タイトル TBA

第142回:11月7日(水)

報告者 Leung Cheuk (David) Shing (Ph.D. student, Department of Economics, McGill University)
タイトル "The optimal progressivity of income tax for couples"

第143回:11月21日(水)

報告者 TBA
タイトル TBA

第144回:12月5日(水)

報告者 TBA
タイトル TBA

第145回:12月19日(水)

報告者 TBA
タイトル TBA

第146回:1月9日(水)

報告者 TBA
タイトル TBA

過去のワークショップ

BBLについて

このワークショップは, 主として本学大学院経済学研究科博士後期課程の大学院生や ポスドク および関連分野の若手研究員の皆さんが研究報告を行って, 研究に関する討論を行う機会を設けることで, 研究レベルの向上を図ることを目的としています.

分野は,ミクロ経済学,マクロ経済学およびそれらの応用分野 (国際経済学,産業組織論, 公共経済学,都市経済学,環境経済学,労働経済学,開発経済学等を含む) における理論研究および実証研究を主な対象としています. 学会等で報告を行えるくらい完成度の高い論文の報告も歓迎しますが, むしろまだ完成稿に至らない途中段階の研究を報告して, 研究のレベル・アップを図る場として活用してもらうことをねらいとしています.

また,学内の若手研究者間の情報交換や交流の場としても活用してほしいと思います. 教員の皆様方にもワークショップに参加して,報告に対するコメントをしていただきたいと思います.

ランチタイムのワークショップですので, 参加する皆さんは各自お弁当やサンドイッチ等を持参して, 食事をしながらカジュアルな雰囲気で報告を聞いて下さって結構です.

なお,このワークショップは, 本研究科プロジェクトセンター 大学院教育研究高度化プロジェクト 「国際貿易に関する理論・実証研究の拠点形成と大学院教育の高度化」 の一環として実施されるものです.

報告者の方へ

パワーポイント等のプレゼンテーション資料は各自で用意して下さい(パソコンは主催者側で用意します). ただし,参加者への配付資料は必ずしも必要ありません. もし配付する場合は,適当な部数のコピーをご用意下さい. また,討論を含めて実質的に50分程度のワークショップですので, その時間内に収まるように準備をお願いします.

連絡先

BBLで報告を希望される方は次のアドレスへご連絡下さい(お手数ですが*を@に変えてください)。

bbl*econ.kyoto-u.ac.jp

プロジェクトトップ