京都大学大学院経済学研究科付属プロジェクトセンター

経済動学研究プロジェクト 「新しい経済動学の研究と教育の拠点形成」

プロジェクトリーダー

  • 個人HP
  • プロジェクトHP

佐々木 啓明(ささき ひろあき)

京都大学 大学院経済学研究科 教授

プロジェクトの目的

経済学が始まって以来,「経済成長や景気循環の分析」は,経済学の最重要テーマであり,理論経済学の核心的研究である.経済理論は,現実の経済社会の要素をモデル化し,その本質を捉えることを目的としている.本プロジェクトは,新古典派や非新古典派といった学派の枠を超え,多様な学派の経済理論の存在を前提として,経済理論および現実の経済社会を重視し,「経済社会の本質を解明すること」を目指し,「現実の経済現象を的確に捉えた経済動学理論のモデル構築」に挑む.
プロジェクト・メンバーと学外研究協力者との共同研究を通じて,「新しい経済動学理論の構築と発展」を目指し,研究拠点の形成を図る.さらに,大学院生に対して,当該分野の研究に必要となる分析手法の教育を行う.その一環として,国内外の研究者が参加するセミナー・研究会を開催し,最新の研究成果に触れる機会を提供する.また,大学院生が研究報告を行う機会を提供する.

 

プロジェクト・メンバー

名前 所属 職名
佐々木 啓明 教員紹介 京都大学 大学院経済学研究科 教授
岡原 直人 京都大学 大学院経済学研究科 博士後期課程
小川 翔吾 京都大学 大学院経済学研究科 博士後期課程

 

学外研究協力者

名前 所属 職名
大野 隆 同志社大学 教授
黒瀬 一弘 東北大学 准教授
薗田 竜之介 佐賀大学 准教授
吉田 博之 日本大学 教授

ページの先頭に戻る