京都大学 大学院経済学研究科・経済学部

News & Information

East Asia Course Entrance Ceremony and Guidance held on October3, 2016

The Entrance Ceremony and Guidance for the “International Graduate Programme for East Asia Sustainable Economic Development Studies (EA Programme)” was held on October 3, 2016.
The Dean of the Graduate School of Economics, Prof. Mun delivered his welcome address to all the new international students. Then the programme Director, Professor Hisano and other faculty members in charge explained the progrmme structure, administrative procedures and the outline of the courses offered in this semester. The new EA programme students, 12 master’s and 3 doctoral students from various countries such as China, Indonesia, Germany, Belgium, and Spain were listening attentively to each presentation and explanation with earnest eyes filled with joyful expectations. 9 of the exchange students from Goethe University (Germany), Wageningen University (the Netherlands), Jönköping University (Sweden), Renmin University (China), National Taiwan University (Taiwan), and National Chengchi University (Taiwan) also joined the Entrance Ceremony and Guidance.
After the ceremony, a small but warm party was held starting with an opening address by the Vice Dean, prof. Sugiyama, making a good start of the new academic year in a friendly atmosphere.

%e2%91%a0%e2%91%a1%e2%91%a2

 今年で7年目を迎える「東アジアコース(大学院国際プログラム:東アジア持続的経済発展研究コース)」では、10月3日(月)、2016年度の新入学生を対象に入学式ならびにガイダンスを開催しました。
最初に、文研究科長から留学生へ向けて温かい歓迎の挨拶が述べられ、引き続き、プログラム主任の久野秀二教授をはじめ関係教員からプログラムの概要が説明されると、新入学生は期待に胸を躍らせながら、真剣な眼差しで聞き入っていました。
 本年度は、中国・インドネシア・ドイツ・ベルギー・スペインの5か国15名が、東アジアコース修士課程と博士課程(編入)に入学しました。また経済学研究科の協定校(ドイツ ゲーテ大学、オランダ ワーヘニンゲン大学、スウェーデン イェシェンピンク大学、中国人民大学、国立台湾大学、台湾国立政治大学)からの部局間交換留学生9名も入学ガイダンスに参加しました。ガイダンスの終了後は、在籍生を交えての交流会が行われ、椙山副研究科長の歓迎のご挨拶とともに、打ち解けた雰囲気で新しい年度のスタートを切ることができました。