京都大学大学院経済学研究科付属プロジェクトセンター

制度的経済動学研究プロジェクト

プロジェクトリーダー

  • 個人HP
  • プロジェクトHP

宇仁 宏幸(うに ひろゆき)

京都大学 大学院経済学研究科 教授

プロジェクトの目的

近年、E. NellらのTransformational Growth Theory, M. SetterfieldらのDemand-led Growth Theory, P. FlaschelらのDisequilibrium Theory of the Business Cycleなど、非正統派経済理論においても、雇用・賃金制度や金融制度など制度を重視した経済成長モデルや景気循環モデルの研究が進展している。このような動きは、経済学全体の制度主義的転回という大きな流れの一部であると考えられる。

このような欧米での研究動向をふまえて、本プロジェクトでは、制度を重視した経済成長理論、景気循環理論を、わが国を代表するこの分野の研究者で共同研究することにより、この分野の研究の発展に貢献することをめざす。同時に、このような最近の研究をとりこんだ学部生向けあるいは大学院生向けの経済動学の入門的教科書および基本的分析手法のマニュアルの骨格をつくることもめざしたい。

さらに、京都大学の大学院生やPDを、研究会に参加させたり、報告させたりすること、および経済動学の基本的分析手法の解説などを書かせたりすることを通じて、彼らの能力向上を図りたい。

 

プロジェクト・メンバー

名前 所属 職名
宇仁 宏幸  教員紹介 京都大学 大学院経済学研究科 教授
佐々木 啓明 教員紹介 京都大学 大学院経済学研究科 教授

 

学外研究協力者

名前 所属 職名
池田 毅 立教大学 教授
吉田 博之 日本大学 教授
大野 隆 同志社大学 教授
藤田 真哉 名古屋大学 准教授
西 洋 阪南大学 准教授
梁 峻豪 韓国 仁川大学 教授
黒瀬 一弘 東北大学 准教授
阿部 太郎 名古屋学院大学 教授
瀬尾 崇 金沢大学 准教授
厳 成男 新潟大学 准教授
薗田 竜之介 佐賀大学 准教授
二宮 健史郎 滋賀大学 教授

ページの先頭に戻る