京都大学 大学院経済学研究科・経済学部

教員一覧

ENGLISH PAGE

准教授

長谷川 誠(はせがわ まこと)

基本情報
  • 学位:
    ミシガン大学経済学博士課程修了(Ph.D.)
  • 担当講義科目:

    【学部】公共経済学

    【大学院】公共経済学A・B
  • 専門分野:
    財政・公共経済学
  • キーワード:
    租税制度、国際課税、法人課税
略歴
  • 2013年8月 ミシガン大学経済学博士課程 修了
  • 2013年8月 – 2017年7月 政策研究大学院大学 助教授
  • 2017年8月 – 現在 京都大学大学院経済学研究科 准教授
主要著作・論文
  • “Investor Valuations of Japan’s Adoption of a Territorial Tax Regime: Quantifying the Direct and Competitive Effects of International Tax Reform,” (with Sebastien Bradley and Estelle Dauchy), International Tax and Public Finance, June 2018, 25(3), pp.581-630.
  • “The Effect of Moving to a Territorial Tax System on Profit Repatriation: Evidence from Japan,” (with Kozo Kiyota), Journal of Public Economics, September 2017, 153, pp. 92-110.
  • “The Dynamics of Pollution Permits,” (with Stephen Salant), Annual Review of Resource Economics, October 2015, 7, pp. 61-79.
  • “Cap-and-Trade Programs under Delayed Compliance: Consequences of Interim Injections of Permits,” (with Stephen Salant), Journal of Public Economics, November 2014, 119, pp. 24-34.
  • “The Effect of Public Disclosure on Reported Taxable Income: Evidence from Individuals and Corporations in Japan,” (with Jeffrey Hoopes, Ryo Ishida, and Joel Slemrod), National Tax Journal, September 2013, 66(3), pp. 571-608.
  • 「国際課税制度が多国籍企業の経済活動に与える影響」, 『フィナンシャル・レビュー』, 第127号, pp. 146-165, 2016年10月.
連絡先

E-mail: mhasegawa*econ.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

自己紹介

財政・公共経済学を専門分野として、公共政策の分析・評価に関心があります。最近は主に租税制度(特に国際課税、法人課税)の研究に取り組んでいます。

一覧へ戻る