京都大学 大学院経済学研究科・経済学部

教員一覧

ENGLISH PAGE

教授

田中 彰(たなか あきら)

基本情報
  • 学位:
    京都大学大学院経済学研究科博士後期課程,京都大学博士(経済学)
  • 担当講義科目:

    【学部】現代日本経営史、日本経済論

    【大学院】日本経済史・経営史、社会経済史リーディング、経営史・産業論リーディング、Economic & Business History、Economic History Readings、Business History & Industry Study Readings、Field Research in Japan
  • 専門分野:
    経営史、産業論
  • キーワード:
    総合商社、企業間関係、資源ビジネス
主要著作・論文
  • 『戦後日本の資源ビジネス――原料調達システムと総合商社の比較経営史』名古屋大学出版会,2012年(単著)
  • ”From Hierarchy to Hybrid: The Evolving Nature of Inter-Firm Governance in China’s Automobile Groups,” Journal of Business Research, Vol.64, No.1, 2011. (with Y. Wang)
  • 「鉄鋼:日本モデルの波及と拡散」塩地洋編『東アジア優位産業の競争力――その要因と競争・分業構造』ミネルヴァ書房,2008年
学生に一言

京大入学おめでとうございます。学生の本分は学問(勉強)です。ただしその対象・スタイルにはいろんな選択肢があります。本分以外に趣味をもつことはもちろん推奨されるべきですし、なかには二足のわらじを履かざるをえない(または、進んで履く)など、必ずしも学問に専念できない場合もありうると思いますが、少なくとも意識の中では本分をはっきりさせておきたいものです。みなさんにはぜひ、自分の興味関心と条件に合った対象とスタイルを見つけ出して、おおいに学問にいそしんでほしいと思います。

自己紹介

総合商社を結節点とする取引ネットワーク、とくに資源関連のそれに関心をもっています。研究においては歴史研究と現状分析を統一する(歴史的観点をふまえて現状分析に当たる、現状分析との緊張関係をもって歴史研究に当たる)ことを信条としています。

一覧へ戻る