公刊業績

各種論文等(査読誌・専門誌収録論文・紀要・Discussion Paper)

  1. Takafumi Kurosawa and Tomoko Hashino, “Three Markets and Three Types of Competitiveness: Pulp and Paper Industry”, Bram Bouwens, Pierre-Yves Donzé, Takafumi Kurosawa(eds.), Industries and Global Competition ―A History of Business Beyond Borders―, New York: Routledge, pp. - , 2017
  2. Matthias Kipping, Takafumi Kurosawa and Dan Wadhwani, “A Revisionist Historiography of Business History: A Richer Past for a Richer Future”, John F. Wilson, Steven Toms, Abe de Jong, Emily Buchnea(eds.), The Routledge Companion to Business History, New York: Routledge, pp. 19- 35, 2017
    ※ 図書が入手困難な方は、こちらのリンクをご利用ください。
  3. 橘川武郎・黒澤隆文・西村成弘〔編〕,『グローバル経営史―国境を超える産業ダイナミズム―』,名古屋大学出版会,339頁,2016年
  4. 黒澤隆文・西村成弘,「序章 グローバル経営史とは何か」,橘川武郎・黒澤隆文・西村成弘〔編〕『グローバル経営史―国境を超える産業ダイナミズム―』,1-30頁,2016年
  5. 黒澤隆文・橋野知子,「第1章 米欧アジア3大市場と競争力の三つの型:製紙」,橘川武郎・黒澤隆文・西村成弘〔編〕『グローバル経営史―国境を超える産業ダイナミズム―』,32-63頁,2016年
  6. Takahiro Ohata and Kurosawa, Takafumi , “Pollicy transfer and its limits: Authorized cartels in twentieth-century Japan”, Susanna Fellman and Martin Shanahan (eds.), Regulating Competition: Cartel registers in the twentieth-century world, Routledge Explorations in Economic History, Routledge, pp. 169-190, 2016.
  7. “Breaking through the Double Blockade: Inter-Atlantic Wartime Communications at Roche”, Jahrbuch für Wirtschaftsgeschichte / Economic History Yearbook, Volume 56, Issue 1, De Gruyter, pp. 227–256, 2015.
    DOI: 10.1515/jbwg-2015-0009
  8. 特別寄稿論文「世界の経営史関連学会の創設・発展史と国際化 ―課題と戦略―」、『経営史学』〔経営史学会〕、第49巻第1号、23-50頁、2014年
  9. “Technology transfer and competitive advantage of regions”, Pierre- Yves Donzé and Shigehiro Nishimura (eds.), Organizing Global Technology Flows: Institutions, Actors, Processes, New York: Routledge, pp. 245- 249, 2014
  10. 「『地域の競争優位』特集によせて」、『経済論叢』(京都大学経済学会)、第187巻第3号、1-5頁、2013年
  11. “The Competitive Advantage of Regions”, The Kyoto Economic Review, vol. 170, 2013.
  12. “Beyond Marshallian Agglomeration Economies: The Roles of the Trade Association in a Weaving District in Meiji Japan” (co-authored with Tomoko Hashino) in: Business History Review(査読有), vol.87-3, pp.489-513, 2013
    DOI: http://dx.doi.org/10.1017/S0007680513000731
  13. “Nestlé Coping with Japanese Nationalism: Political risk and the strategy of a foreign multinational enterprise in Japan, 1913-1945” (co-authored with Pierre-Yves Donzé ) in: Business History(査読有), 2013
    DOI: http://dx.doi.org/10.1080/00076791.2012.745065
  14. “From the Non-European Tradition to a Variation on the Japanese Competitiveness Model: The Modern Japanese Paper Industry Since the 1870s” (co-authored with Tomoko Hashino) in: Lamberg, J.-A. et al.(eds.) The Evolution of Global Paper Industry 1800-2050(査読有), Springer, p.135-166, 2012
    DOI: http://dx.doi.org/10.1007/978-94-007-5431-7_6
    ※弘前大学・名誉教授 四宮俊之氏による書評が『経営史学』第49巻第2号 51-53頁に掲載されています。
  15. 「第二次大戦・二重の封鎖と中立国スイスの多国籍企業――ロシュ社の組織構造と大西洋を跨ぐコミュニケーション」『経済論叢』(広島大学経済学会)第36巻第2号〔加藤房雄教授退職記念号〕,45-62頁,2012年12月
  16. 「産業固有の時間と空間――産業史の方法・概念・課題と国際比較研究の可能性」『経済論叢』(京都大学経済学会)第185巻第3号〔今久保幸生教授記念号〕,1-20頁,2012年4月
  17. 「近現代スイスの自治史と連邦制・直接民主制――ベルン市近代行政史とチューリヒ第二次合併の事例から」,踊共二・岩井隆夫(編)『スイス史研究の新地平――都市・農村・国家』,昭和堂,235-259頁,2011年3月
    ※成蹊大学・教授 内田日出海氏による書評が『社会経済史学』第78巻2号に掲載されています。
    ※大阪大学・森本慶太氏による書評が『西洋史学』244号(2011年)330-332頁に掲載されています。
  18. 『中立国スイスとナチズム――第二次世界大戦と歴史認識――』,独立専門家委員会 スイス=第二次大戦(第一部原編), 黒澤隆文(編訳:第一部1・2・4章訳,第二部1章執筆) ,川﨑亜紀子・尾崎麻弥子・穐山洋子(訳著),京都大学学術出版会,719頁,ISBN978-4-87698-965-2,2010年11月
  19. 「欧州多国籍企業の組織構造とナショナリズム・世界大戦――ネスレ・ロシュ,ユニリーバの二重法人と二本社体制」『国民経済雑誌』(査読有〔外部投稿部門〕202巻5号,1-21頁,2010年11月
    (英文タイトル:The World War, Nationalism and Organizational Structure of European Multinational Enterprises: The Twin Structure of Nestle, Roche and Unilever in: The Kokumin-Keizai Zasshi/Journal of Economics & Business Administration, Vol.202 No.5 p.1-21)
  20. [ディスカッション・ペーパー] Takafumi Kurosawa and Tomoko Hashino, From the Non-European Tradition to a Variation of Japanese Model of Competitiveness: The Japanese Modern Paper Industry since the 1870s. in: Discussion Paper Nr. 0919, Graduate School of Economics, Kobe University, 2010
  21. 「中立国スイスの多国籍企業とナチズム・第二次大戦(2)――国境経済圏の企業ゲオルク・フィッシャー社の事例から」『経済論叢』(京都大学経済学会) 第182巻第4号,1-23頁,2009年10月
    (英文タイトル:National Socialism, the Second World War and Multinational Companies of Neutral Switzerland: Georg Fischer AG, a Company Originated in a Cross-Border Economic Region as a Case Study (2), 英文誌名:The Economic Review, Kyoto University Economic Society)
  22. 「近現代スイスの自治史――連邦制と直接民主制の観点から――」『社会経済史学』75巻2号,55-71頁,2009年7月
    (英文タイトル:The modern history of local self-government in Switzerland: from a perspective of federalism and direct democracy)
  23. 「中立国スイスの多国籍企業とナチズム・第二次大戦(1)――国境経済圏の企業ゲオルク・フィッシャー社の事例から」『経済論叢』(京都大学経済学会)第181巻第5・6号,47-72頁,2009年5月
    (英文タイトル:National Socialism, the Second World War and Multinational Companies of Neutral Switzerland: Georg Fischer AG, a Company Originated in a Cross-Border Economic Region as a Case Study (1), 英文誌名:The Economic Review, Kyoto University Economic Society)
  24. "Transformation of the Japanese Industrial Policy in the Age of Deregulation and Globalization" in: Wolfgang Klenner, Hisashi Watanabe (Herausgeber), Neupositionierung regionaler Fuhrungskrafte: Japan und Deutschland, Lang, Peter, GmbH, ISBN-13: 978-3631583296, pp. 211-257, 2009. (収録論文集表紙:左)
  25. "Common European Assets: A Japanese View on the 'European Enterprise' ", in: Schroeter, Harm Gustav (ed.), The European Enterprise. Historical Investigation into a Future Species(査読有), Springer, ISBN978-3-540-74036-0, pp. 51-63, 2008 (収録論文集表紙: 左下写真)
  26. 「日本の構造改革とその後の課題――日欧比較の視点からみた経済政策と企業」 スイス-日本商工会議所編『スイスと日本――共通の基盤と課題 スイス-日本商工会議所 年鑑2007/2008』,Swiss-Japanese Chamber of Commerce/Roger Mottini (ed.), "Switzerland and Japan. Common Grounds and Challenges: Yearbook 2007/2008, Swiss-Japanese Chamber of Commerce, Roger Mottini"、チューリヒ/ローザンヌ, ISBN 978-3-7965-2412-7, pp. 138-154,2007 
    (なお同書113-137頁に,ロジャー・モッティーニ訳による同論文の英語版 Japan's Structural Reforms and New Issues. A comparative View of Economic Policy and Businesses inn Japan and Europeも収録)
  27. 「スイスの工業化過程における商人と商業・金融業 (第72回〔社会経済史学会〕全国大会共通論題)」,『社会経済史学』第70巻4号,417-436頁,2004年11月
  28. (a).「日本におけるスイス経済像――その変容にみる近代像・経済政策認識の変遷」,森田安一(編)『スイスと日本――日本におけるスイス受容の諸相』刀水書房,159-186頁,2004年10月
    (b) 「日本におけるスイス経済像――その変容にみる近代像・経済政策認識の変遷」,スイス-日本商工会議所 ロジャー・モッティーニ編『SWITZERLAND AND JAPAN Hightlights of Their Encounter. Yearbook 2006/ スイスと日本――その邂逅の軌跡 年鑑2006 スイス-日本商工会議所,Swiss Japanese Chamber of Commerce ,165-186頁、2006年
    (c). Kurosawa Takafumi, (Uebersetzung: Kurosawa Takafumi und Harald Meyer),“Das Image der Schweizer Wirtschaft in Japan: Wirtschaftspolitische Selbstbildnisse in Zuge eines Modernisierungsprozesses”, in: Asiatische Studien. Zeitschrift der Schweizerischen Asiengesellschaft. 2004. S.45-67.
  29. 『近代スイス経済の形成――地域主権と高ライン地域の産業革命』,京都大学学術出版会,556頁,ISBN: 4-87698-434-4,2002年2月
  30. 「スイス」,財務省財務総合政策研究所「経済の発展・衰退・再生に関する研究会」報告書 第6章, 139-165頁,2001年6月 (非市販文献)
  31. 「アルプスの孤高の小国 スイス」,渡辺尚編著『ヨーロッパの発見 地域史のなかの国家と市場』有斐閣,ISBN4-641-07636-7,163-220頁,2000年11月
  32. 「スイス鉄道網の形成過程――19世紀の鉄道政策と経済空間」,森田安一編『スイスの歴史と文化』刀水書房,ISBN 4-88708-235-5,205-233頁,1999年11月
  33. 「スイス統一関税圏の成立過程と19世紀スイスの自由貿易主義(2)」,『調査と研究』(京都大学経済学会『経済論叢』別冊)第15号(1998年4月号),18-42頁,1998年
  34. 「スイス統一関税圏の成立過程と19世紀スイスの自由貿易主義(1)」,『調査と研究』(京都大学経済学会『経済論叢』別冊)第14号(1997年10月号),66-80頁,1997年
  35. 「19世紀東スイス・フォアアールベルクの農村工業と世界市場」,『調査と研究』(京都大学経済学会『経済論叢』別冊)第11号(1996年10月号),88-107頁,1996年
  36. 「高ライン地域の国境間経済関係──産業革命期の綿工業を中心に──」,『社会経済史学』第62巻第4号 (1996年10・11月号),1-30頁,1996年

翻訳

  1. 渡辺尚,今久保幸生,ヘルベルト・ハックス,ヲルフガンク・クレナー編『孤立と統合 日独戦後史の分岐点』京都大学学術出版会,ISBN4-87698-679-7,2006年3月
    ヲルフガンク・クレナー著「ドイツから見た日本型秩序論争」,99-122頁所収 
    ヘルベルト・ハックス著「市場変動とドイツの企業構造」(石井聡・竹内常善と共訳),151-179頁所収,イェルク・ティーメ著「ドイツの対外経済関係とEU」,241-262頁所収
  2. ヘルベルト・ハックス著「日独における経済政策的優先課題としての成長と雇用」渡辺尚・W.クレナー編『型の試練──構造変化と日独経済』所収 信山社,ISBN 4-7972-2108-9,13-24頁,1998年
  3. 森田安一監訳 U.イム・ホーフ著『スイスの歴史』刀水書房,ISBN 4-88708-207-X (共訳/第8章のみを担当),173-206頁,1997年

書評

  1. 「ばん澤歩著『ドイツ工業化における鉄道業』」『鉄道史学』第26号,54-57頁,2009年2月
  2. 「小島健著『欧州建設とベルギー――統合の社会経済史的研究――』」『社会経済史学』74巻5号,106-108頁,2009年1月
  3. "Akira Kudo/Matthias Kipping/ Harm G. Schroeter (ed,), German and Japanese Business in the Boom Years. Transforming American management and technology models", in: Zeitschrift fuer Unternehmensgeschichte/ Journal of Business History. Nr.2/2006, 51. Jahrgang, 255-2575.
  4. 「ポール・ギショネ著、内田日出海・尾崎麻弥子訳『フランス・スイス国境の政治経済史――越境,中立,フリー・ゾーン』」『社会経済史学』第72巻第2号,117-119頁,2006年7月
  5. 「篠塚信義・石坂昭雄・高橋秀行編著 地域工業化の比較史的研究」『社会経済史学』第70巻第2号,249-251頁,2004年7月
  6. 「松原宏編『先進国経済の地域構造』」『歴史と経済(旧 土地制度史學)』第182号,55-58頁,2004年1月
  7. 「岩井隆夫著『近世スイス農村市場と国家』」『社会経済史学』Vol.69, No.4,115-117頁, 2003年11月
  8. 「デレック・H・オルドクロフト著,玉木俊明・塩谷昌史訳『20世紀のヨーロッパ経済──1914-2000年』」『比較経済体制研究』第10号,147-152頁,2003年7月

教科書・辞書項目等

  1. 「総論:ドイツとヨーロッパ諸国」/「鉄道のインパクト──19世紀ドイツ語圏」/「<ドイツ・モデル>と<ライン資本主義>」[いずれも大阪大学ばん澤歩助教授と共著]/「知られざる先進工業国スイスの企業」[単著],経営史学会編・湯沢威編集代表『外国経営史の基礎知識』有斐閣,2005年2月28日

報告書その他

  1. 「スイス連邦制の歴史と現状[研究会報告(2006年2月13日)]」佐藤勝則『比較連邦制史の研究 科学研究費研究成果報告書』,86-95頁,2006年
  2. 「上海・武漢訪問記──「国際交流科目」と3つの工場見学」京都大学上海センター ニュースレター 第108号(2006年5月10日)/第109号(同5月17日)掲載記事
  3. (渡辺尚と共著)<コンファレンス・レポート>「第68回全国大会共通論題『地域統合の歴史的諸形態』」『社会経済史学』67-2,83-93頁,2001年7月

TOP ▲