京都大学 大学院経済学研究科・経済学部

社会連携

寄附講義

現代経済はますます複雑な金融制度を生み出しながら変動しつつ発展しています。その複雑な動態を理解するためにも、原理についての知識だけでなく、各種産業や商業の経済活動の実態の理解やプラクティカルな知識がますます重要になってきています。 そこで経済学部では、寄附講義として学外の専門実務家の方々を招いて実践的な講義を開設しています。 寄附講義の講師はおもに実務の第一線で活躍する方々が担っており、ときには会長や取締役にも出講いただいています。授業を通じての実務家との接触は人材育成という点からも大きな意義があり、多くの学生が強い関心をもって聴講しています。
  • みずほフィナンシャルグループ寄附講義「先端バンキング論」
  • 三井住友銀行寄附講義「投資銀行業務とグローバル戦略」
  • 京都銀行寄附講義「京都経済論」
  • 日本投資顧問業協会・投資信託協会寄附講義「アセットマネジメントの実務と法」
  • 農中信託銀行寄附講義「企業価値創造と評価」
 

共同研究講座

京都大学は、産官学連携を通じて研究成果の還元と社会貢献を積極的に進めることを基本理念の1つとしています。 社会と産業界に広く貢献することを目的に、民間企業等と京都大学の双方が共同でプロジェクトの拠点形成することで、イノベーションの創出を図るという新たな制度が共同研究講座です。
  • エネルギー政策講座