京都大学 大学院経済学研究科・経済学部

大学院紹介

ENGLISH PAGE

経済学研究科は、1953年に開設されました。平和かつ豊かで調和ある地球社会とその輝かしい未来の構築に寄与するという、わが国の学術の崇高な理念に照らして、経済学・経営学という学問の知恵、知識、技術を通じて、 現代社会の様々な課題に貢献することのできる創造的能力をもった、専門的人材を育成することを教育の基本理念としています。2018年3月現在、修士の学位を授与された人は、1,800名を超えており、博士の学位を授与された人は、1,000名を超えています。その多くが研究者となって大学やシンクタンク等で研究職に就き、内外の学界で活躍しています。次のような教育理念と目標を持って教育を行っています。

大学院教育の中軸としての研究者養成は、今後も重視していきます。


代表的なカリキュラム

修士課程(博士前期課程)

2019年より①博士後期課程への進学を前提に、研究者を養成することを主たる目的とする「研究者養成プログラム」と、②修士課程修了後、経済学の高度な専門知識を活かして社会で活躍できる高度専門人材を養成することを主たる目的とする「高度専門人材養成プログラム」の二つのプログラムを開設する予定です。それぞれ、基礎科目、専門科目などから構成される授業科目の履修と修士論文の作成により必要な能力を身につけていきます。

詳細は「大学院教育プログラム改編」をご覧ください。

博士後期課程

大学院生ごとに複数の教員による博士論文指導委員会がつくられ、3 年間で博士論文を作成できるように個別指導をおこなっています。また、研究状況に応じて発表を行うとともに高度な討論切磋琢磨の場を設けるためにワークショップやセミナーを開設しています。

国際的な教育カリキュラム

①東アジア持続的経済発展研究コース

2009年には、英語を共通言語とした秋入学の大学院プログラムとして東アジア持続的経済発展研究コースが設けられました。このプログラムでは、日本や東アジアの経済について多角的・学際的・国際的な視点から研究を行います。さまざまな経済的・社会的問題の実践的解決や経済社会の持続的発展に貢献する学術研究者や実務エコノミストを養成しています。

本コースに所属する学生は、アジアを中心に世界各地の出身者で構成されています。また、海外からの招へい研究者による講義も提供されるなど国際的な環境の中で学習することができます。

修士課程(2年)・博士後期課程(3年)の計5年間のプログラムで、2013年から日本人にも門戸を広げています。


②博士課程での国際連携のプログラム

2018年には、グラスゴー大学社会科学系カレッジと共同で実施する博士課程国際共同学位(ダブルディグリー)プログラムが発足します。このプログラムでは、京都大学とグラスゴー大学の双方での各2年間の研究と博士論文の執筆により、4年間で両大学の博士号を取得することができます。

学士・修士5年プログラム(修士課程短期修了制度)

経済学部・経済学研究科では、2018年度の大学院入学生より、通常は6年間を要する学部・修士課程を通算5年間で修了できる「学士・修士5年プログラム」をスタートします。

詳細はこちらをご覧ください。