京都大学 大学院経済学研究科・経済学部

教員一覧

准教授

高野 久紀(こうの ひさき)教育研究活動データベース

最終学歴
東京大学大学院 経済学研究科博士課程・博士(経済学)
担当
講義科目
学部:入門演習、開発経済論
大学院:開発経済学1・2(演習)、Development Economics
主要著作・論文
  • “Microfinance Revolution: Its Effects, Innovations, and Challenges” (with K. Takahashi) , Developing Economies, March 2010, 48(1), 15 – 73.
  • “Why is the Take-up of Microinsurance So Low? Evidence from a Health Insurance Scheme in India” (with S. Ito), Developing Economies, March 2010, 48(1), 74-101.
  • “Foreign Aid and Recurrent Cost: Donor Competition, Aid Proliferation and Budget Support” (with Y. Arimoto), Review of Development Economics, May 2009, 13(2), 276-287.
  • “Heterogeneous Contests and Less Informative Signals” (with N. Yagi), Japanese Economic Review, March 2008, 59(1), 113-126.
  • “Employment with connection: Negative Network Effects,” Journal of Development Economics, October 2006, 81(1), 244-258.
  • “Economic Integration and Poverty” in book edited by M. Fujita, I. Kuroiwa, and S. Kumagai, The Economics of East Asian Integration, Edward Elgar, 2011.
  • 「フィールド実験の歩き方」:西條辰義編『実験経済学への招待』(NTT出版、2007年)第7章
  •                          
学生にすすめる本
  • 高橋和志、山形 辰史 編著 『国際協力ってなんだろう――現場に生きる開発経済学』 岩波ジュニア新書
  • 税所篤快 『前へ ! 前へ ! 前へ ! ― 足立区の落ちこぼれが、バングラデシュでおこした奇跡』 木楽舎
  • P・F・ドラッカー著、上田 惇生編訳 『プロフェッショナルの条件 ―― いかに成果をあげ、成長するか』 ダイヤモンド社
自己紹介

開発経済学の研究をしています。もともと貧困問題に関心があり、NGOや外交官にも興味がありましたが、NGOだとプロジェクト対象者にしか関われないし、外交官だと人権問題を云々とか相手に譲歩を求めることが多いのに対し、経済学の研究によって「こうすればあなたの国は発展し、貧困問題も解決できる」と建設的な提言ができれば(実際は一発で貧困問題を解決できるほど強力な政策などないのですが)、途上国政府も受け入れやすいし、それによって多くの国の状況が改善できる可能性があるので、経済学の研究者を志すようになりました。政策やプロジェクトの効果を計測するインパクト評価の研究では、政策やプログラムがなかった場合に世界がどのようになっていただろうか、というCounterfactual(反事実的状況)との比較を重視しますが、自分自身がこの世界にいなかった場合と比べて、今の世界をどれだけ違ったものにできているだろうか、という自分自身のCounterfactualについて、時々思いをめぐらせています。