京都大学 大学院経済学研究科・経済学部

教員一覧

教授

西山 慎一(にしやま しんいち)

最終学歴
ペンシルバニア大学経済学部博士課程(Ph.D. Economics)
担当
講義科目
学部:マクロ経済学2
大学院:応用マクロ経済分析1
主要著作・論文
  • “Fiscal Policy Effects in a Heterogeneous-Agent OLG Economy with an Aging Population,” Journal of Economic Dynamics and Control, Vol. 61, pp. 114-132, December 2015.
  • “The Budgetary and Welfare Effects of Tax-Deferred Retirement Saving Accounts,” Journal of Public Economics, Vol. 95, Nos. 11-12, pp. 1561-1578, December 2011.
  • “Does Social Security Privatization Produce Efficiency Gains?” (with Kent Smetters) Quarterly Journal of Economics, Vol. 122, No. 4, pp. 1677-1719, November 2007.
  • “Consumption Taxes and Economic Efficiency with Idiosyncratic Wage Shocks,” (with Kent Smetters) Journal of Political Economy, Vol. 113, No. 5, pp. 1088-1115, October 2005.
  • “Bequests, Inter Vivos Transfers, and Wealth Distribution,” Review of Economic Dynamics, Vol. 5, No. 4, pp. 892-931, October 2002.
学生にすすめる本
  • John Grisham, “The Street Lawyer,” 1998.
  • Robert Ludlum, “The Bourne Identity,” 1980.
  • Junichiro Tanizaki, “The Makioka Sisters,” 1944-48.
学生へのメッセージ
 経済学は、初めのうちは無味乾燥で取っ付きにくく思えるかも知れませんが、学べば学ぶほど面白さが増してくる学問です。正面から向き合って真剣に取り組めば、必ず道は開けるし、視野も広がります。皆さんが壁にぶつかったときは、相談に乗りますのでオフィスを訪ねてみてください。
自己紹介
 慶応義塾大学を卒業後、日本経済新聞社、ペンシルバニア大学院、米国議会予算局、ジョージア州立大学、英国ランカスター大学を経て今回、ご縁があって京都大学に赴任することになりました。動学一般均衡・世代重複モデルを用いた税制・社会保障政策の分析に最も関心があります。
連絡先
 研究室:法経済学部東館 812
 Tel:075-753-3439
 E-mail: nishiyama*econ.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)