京都大学 大学院経済学研究科・経済学部

教員一覧

教授

関口 倫紀(せきぐち ともき)教育研究活動データベース

最終学歴
University of Washington, Ph.D. (Business Administration)
担当
講義科目
学部:人的資源管理論
大学院:人的資源管理論(経営管理大学院)
主要論文
  • 『国際人的資源管理』 (共編著) 中央経済社, 2016
  • International human resource management of Japanese multinational corporations: Challenges and future directions. Asian Business & Management, 15, 83-109, 2016 (with F. J. Froese, & C. Iguchi).
  • Human resource management practices at foreign-affiliated companies in least-developed regions: US and Japanese companies in Nepal. Asian Business & Management, 15, 137-164, 2016 (with M. P. Maharjan).
  • Human resource management of Japanese companies in Hungary: How do Japanese and the Hungarian styles blend? Journal of East-West Business, 22, 145-167, 2016 (with T. V. Grill & M. P. Maharjan).
  • Bridge individuals in multinational organizations. Australasian Journal of Organisational Psychology, 9, 1-4, 2016.
  • Employee commitment to corporate globalization: The role of English language proficiency and human resource practices. Journal of World Business, 50, 168-179, 2015 (with S. Yamao).
  • The use of person-organization fit and person-job fit information in making selection decisions. Organizational Behavior and Human Decision Processes, 116, 203-216, 2011. (with V. L. Huber).
  • The role of job embeddedness on employee performance: The interactive effects with leader-member exchange and organization-based self-esteem. Personnel Psychology, 61, 761-792, 2008 (with J. P. Burton & C. J. Sablynski).
学生にすすめる本
  • ダニエル・カーネマン 「ファスト&スロー(上・下)」早川書房
  • ロバート B. チャルディーニ 「影響力の武器」 誠信書房
  • 小坂井敏晶 「社会心理学講義:<閉ざされた社会>と<開かれた社会>」筑摩書房
学生に一言
京大生らしい面白くて独創的な発想に基づく研究を期待しています。
自己紹介
組織における人間行動の理解と、その人的資源管理への応用について、主に心理学的な視点から研究を行ってきました。近年は、国際的な視点を重視した研究に軸足を移しつつあります。